スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参院選 序盤情勢 関東 

〈序盤の情勢〉関東http://www2.asahi.com/senkyo2007/special/TKY200707200115.html
■茨城(改選数2、候補者6)

 藤田と長谷川が安定した戦いぶりで優位に立ち、他の4候補を引き離している。

 藤田は民主支持層をほぼまとめ、自民支持層の一部も取り込む。無党派層でも6割の支持を集めている。連合茨城の支援を受け、事務・技術職層での支持が厚く、県内全域で支持を広げている。

 長谷川は自民支持層の7割近くをまとめた。公明党との選挙協力は見送ったが、公明支持層からもほぼ半数の支持を集めている。70歳以上の支持が高いが、無党派層への浸透は伸び悩んでいる。

 田谷は共産、社民各支持層をほぼまとめた。武藤は無党派層の一部に食い込む。石津は地元の鹿行地域で支持が比較的高く、公明支持層の一部も取り込む。若さを強調する工藤は、男性よりも女性の支持が高い。


選挙区候補者一覧・茨城


栃木(改選数1、候補者3)

 改選数減で1になった議席をめぐる争いで、谷が優位に立ち、国井が懸命に追い上げる。小池は苦戦。

 再選を狙う谷は民主支持層の9割を固めた。無党派層からは7割近い支持を集め、国井を引き離す。事務・技術職層や製造・サービス従事者層の7割近い支持を得て、有権者の多い県央で支持が比較的高い。

 3選を目指す国井は自民支持層の8割、公明支持層の大半を固め、農政通らしく農林漁業者層の7割近くをつかんだ。男性よりも女性の支持が多く、70歳以上の支持が厚い。小池は共産支持層をほぼ固めたが、支持に広がりがみられない。


選挙区候補者一覧・栃木


群馬(改選数1、候補者3)

 山本が安定した戦いぶりでリード、福田、酒井は伸び悩んでいる。

 改選数1減で、自民はこれまで2人だった候補を一本化。山本は自民、公明各支持層のほとんどを固めた。メディア露出の多さに加え小規模な街頭集会を繰り返し、無党派層からも6割の支持を集めている。

 年金問題で与党批判を強める福田は、引退する角田義一の後継を立てず推薦に回った民主支持層の半分を固めた。20代、50代で一定の支持を得ているものの、支持が広がっていない。酒井は共産支持層をほぼまとめたが、無党派層への広がりに欠けている。


選挙区候補者一覧・群馬


埼玉(改選数3、候補者7)

 行田が他候補を引き離し、古川も有利な情勢になりつつある。山根と高野が当落線上で、互角の激しい戦いを繰り広げている。投票態度を明らかにしない人が半数に上っており、混戦は必至だ。

 行田は民主支持層の6割近くをまとめた。街頭演説で年金や雇用格差の問題を繰り返し訴え、無党派層の3割に浸透している。県内全域にむらなく支持を広げ、20代からは4割以上の支持をつかんでいる。

 古川は、自民支持層の7割を固めた。高年齢層の支持が強いが、20~40代への広がりは弱い。無党派層への食い込みもいま一つだ。

 民主で2議席を狙う山根は、男性の支持が高めで、若年層の支持が高い。県北部で支持を広げている。高野は、公明支持層を固めた。主婦層など女性の支持が厚いが、男性への浸透が薄い。綾部は、共産支持層を固め、支持拡大に懸命だ。松沢は社民支持層以外に広がりがない。沢田は勢いが見られない。


選挙区候補者一覧・埼玉


千葉(改選数3、候補者8)

 長浜、石井、加賀谷が安定した支持を得ている。白須賀は支持拡大に懸命、浅野、本間は伸び悩み、青木、岩渕は勢いが見られない。

 長浜は、民主支持層の半数を固め、無党派層の2割に浸透。40~60代での支持が比較的高めだ。県北西部を中心に支持を広げている。

 石井は自民支持層の6割、公明支持層の半数をまとめた。県東部では他候補を大きく引き離す。70歳以上や農林漁業者層の支持が厚い。

 加賀谷は民主支持層の3割強をまとめ、無党派層の支持は長浜と並ぶ。県央で支持を広げる。

 白須賀は自民支持層の2割、公明支持層の3割しか固め切れていない。県北西部を中心に支持拡大を図る。

 浅野は共産支持層をほぼ固め、本間は無党派層の2割近くに浸透。青木は社民支持層の半数余りをまとめた。岩渕は支持に広がりがない。


選挙区候補者一覧・千葉


東京(改選数5、候補者20)

 鈴木寛、保坂、山口が一歩リードし、3人を追って大河原、田村、丸川、川田が横一線の激しい戦いを繰り広げている。杉浦、中村ら他の候補者は、伸び悩んでいる。

 鈴木寛は、民主支持層の4割を固めている。男性の支持が比較的高い一方で、女性の支持がやや低めに出ている。高齢層の支持がやや厚めだ。

 保坂は、自民支持層のほぼ半分を固め、無党派層からの支持も1割強と、川田に次いで集めている。幅広い年代に一定の支持があり、地元の東京23区東部で高い支持を集めている。

 山口は、公明支持層のほとんどを手堅く固めたものの無党派層には浸透していない。40代からの支持が高めで、地盤の一つの23区北部で支持を集めている。

 大河原は民主支持層の3割を固め、製造・サービス従事者層に支持を広げている。田村は共産支持層を着実に固め、無党派層への浸透も見られる。丸川は自民支持層の3割近くを固め、主婦層の2割の支持を受けている。川田は無党派層からの支持は2割と一番高い。民主、社民各支持層の一部にも食い込む。若い年代の支持が高い。

 杉浦は社民支持層の支持が厚く、製造・サービス従事者層の支持が高め、中村は無党派層から一定の支持があるが、ともに勢いがない。


選挙区候補者一覧・東京


神奈川(改選数3、候補者8)

 現職の小林が安定した支持を得ている。ともに新顔の牧山と水戸は有利な情勢になりつつあるが、追う現職の松も当落線上にある。畑野、和田、斉藤は苦しい戦い。

 小林は無党派層の支持は1割程度と低いものの、自民支持層の8割を固めた。20代と70歳以上からの支持が高い。牧山と水戸は競り合い、ともに年金問題を重視する層からの支持に広がりがみられる。民主支持層では牧山が約4割、水戸が約5割の支持を固める。無党派層では牧山、水戸ともに2割前後の支持を得る。牧山は年代別で30代の支持が高く、水戸は職業別で自営業者層の支持が目立つ。松は公明支持層のほとんどを固め、無党派層でも最も高い3割近くの支持だが、先行する3候補に比べ男性の支持が弱い。

 畑野は共産支持層のほとんど、和田は社民支持層の半分程度から支持を得ているが、無党派層への浸透が伸びていない。斉藤は国民新支持層の支持は高いが、出遅れている。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/97-b6594db5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。