スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参院選 序盤の情勢 北海道・東北 


参院選 序盤の情勢 北海道・東北http://www2.asahi.com/senkyo2007/special/TKY200707200090.html

■北海道(改選数2、候補者8)

 小川が他候補に水をあけている。2議席目をめぐって伊達がやや先行し、多原が懸命に追い上げている。他の候補には勢いが見られない。

 3選を目指す小川は連合北海道の支援を受け、民主支持層の7割を固めた。無党派層の約4割からも支持を集め、男女、各年代にまんべんなく浸透、安定した戦いぶりだ。

 再選を狙う伊達は自民支持層の3分の2をまとめ、推薦を受けた公明支持層も6割を固めた。ただ、無党派層への浸透は1割程度にとどまっている。道東地区では小川に迫る勢いがある。

 多原は無党派層の支持は2割と比較的厚めだが、推薦を受けた民主支持層は1割強しか固められていない。女性より男性の支持が厚いのが特徴だ。

 羽柴は若い年代から比較的支持を集める。畠山は共産支持層を、浅野は社民支持層を固めているが、広がりに欠ける。


選挙区候補者一覧・北海道


■青森(改選数1、候補者4)

 山崎と平山が競り合っている。渡辺、高柳は出遅れている。

 小泉前首相の人気もあり01年参院選で圧勝した山崎は今回一転した逆風のなかで、組織固めに懸命だ。自民支持層の8割をまとめたが、公明支持層には浸透し切れていない。70歳以上で支持が高く、30代で低い。

 初の立候補で、知名度不足の平山は民主党国会議員とともに県内を精力的に回る。民主支持層の9割近くをまとめ、無党派層の4割にも浸透している。山崎とは逆に30代で支持が多く、70歳以上で少ない。

 渡辺は社民支持層をほぼ固め、公明支持層の一部にも浸透しているが、無党派層への食い込みが弱い。高柳は共産支持層をまとめたが、広がりが見られない。


選挙区候補者一覧・青森


■岩手(改選数1、候補者4)

 平野が優位な情勢だ。千田は支持拡大に懸命。伊沢、若山は勢いが見られない。

 平野は民主支持層のほとんどを固め、無党派層からの支持も約7割と他候補を大きく引き離す。男性の支持が高い。幅広い年代から支持を集めている。

 千田は自民支持層と公明支持層の8割程度を固めたが、無党派層での支持が伸び悩む。出身地の県南部での浸透も弱い。伊沢は社民支持層をまとめているが広がりがない。若山は共産支持層を固めたものの苦戦している。


選挙区候補者一覧・岩手


■宮城(改選数2、候補者4)

 岡崎と愛知が安定した戦いぶりで、加藤と岸田は伸び悩んでいる。

 岡崎は民主支持層の9割以上を固め、無党派層の7割近くに浸透。自民支持層の一部にも食い込んでいる。年金問題を「大いに重視する」層の約6割から支持を集め、追い風を受けている。

 愛知は自民支持層の8割を固め、公明支持層もほぼまとめた。70歳以上の支持が比較的厚めだが、無党派層への浸透で岡崎に水をあけられている。

 加藤は共産支持層、岸田は社民支持層をほぼ固めたが、いずれも広がりが見られない。


選挙区候補者一覧・宮城


■秋田(改選数1、候補者3)

 松浦がリードしており、金田が懸命に追い上げている。鈴木は苦しい。

 元アナウンサーの松浦は知名度を生かして若さをアピールし、民主支持層の9割、社民支持層も大半を固めた。無党派層の6割以上にも浸透している。男性の支持が比較的多めだ。高齢層でやや支持が薄めになっている傾向はあるが、各年代にほぼ浸透している。

 3選を目指す金田は自民支持層の9割近くを固め、公明支持層にも支持を広げた。しかし、無党派層への浸透は3割程度にとどまっている。製造・サービス従事者層で、松浦に水をあけられている。

 鈴木は共産支持層の大半をまとめてはいるが、他の政党支持層などへの広がりが見られない。


選挙区候補者一覧・秋田


■山形(改選数1、候補者3)

 舟山が他候補を引き離し、優位な戦い。篠原は懸命に追い上げている。佐藤は伸び悩んでいる。

 舟山は民主支持層のほとんどを固めた。候補者擁立を見送り県組織が支持に回った社民の支持層にも浸透している。全体の約4割を占める無党派層でも6割の支持を集めて優位に立つ。男性からの支持が高い。職業別では、事務・技術職層に浸透している。

 篠原は立候補表明が4月下旬と出遅れた。自民支持層の約8割を固めたものの、無党派層への浸透は2割と舟山に水をあけられている。女性の支持は舟山と並び、70歳以上では上回っている。

 佐藤は共産支持層の大半を固め、無党派層の1割強に浸透している。


選挙区候補者一覧・山形


■福島(改選数2、候補者4)

 金子と森がそれぞれの支持基盤を固めて優勢。宮本、小川は出遅れている。

 金子は民主支持層の9割を固めた。無党派層の半数に浸透し、社民支持層の一部にも食い込んでいる。男性からの支持が厚い。

 森は自民、公明各支持層のほとんどを固めた。女性の支持が厚く、主婦層への浸透では金子を上回る。

 宮本は共産支持層の大半を固め、4月の参院補選からの上積みを目指す。小川は頼みの社民支持層をまとめきれておらず、無党派層の支持も伸び悩んでいる。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/96-16c27ebc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。