スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アパ」マンション 今度は新潟でも 

 「アパ」グループのホテルなど複数物件で耐震強度の不足が相次いで見つかっている問題で新たな展開です。
 新潟県三条市の分譲マンション2棟でも耐震強度が85%にとどまっていることが11日、三条市の調査で判明しました。すぐに崩壊するような危険性はないにせよ補強工事が必要とされる値です。マンションですと購入者ら関係者が多いため、これからが大変です。
「アパ」マンション、新潟でも耐震強度不足http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070412i401.htm?from=main4

 富山市の設計事務所「田村水落設計」が構造計算した「アパ」グループのホテルなどで耐震強度不足が見つかった問題で、新潟県三条市の分譲マンション2棟も、耐震強度が85%にとどまっていることが11日、同市の調査でわかった。
 強度不足が見つかったのは、2004年10月に完成した「アパガーデンズ東三条ウエストコート」(9階建て49戸)と、隣接して建設中の「同イーストコート」(同)。耐震強度85%は、震度6強以上の地震が発生した場合、倒壊の危険がある。このため、同市は、補強工事を要請する方針。ただ、アパ側が強度不足を認めず、応じない場合は、建築基準法に基づき、是正勧告する。アパ側は「現時点でコメントは差し控えたい」としている。
 ウエストコートについては、大半が入居しているため、同市は11日夜、住民説明会を開き、今後の対応を協議。同グループのマンションを巡っては今年3月、埼玉県鶴ヶ島市に建設中の物件で耐震強度不足が判明したが、入居済みの物件で発覚したのは初めて。
 イーストコートも現在、6戸が契約済みだが、市が調査に入ったことを受け、今年2月から工事を中断している。
 国土交通省は昨年6月、田村水落設計が関与した全国42物件について各自治体に調査を要請。三条市が対象2棟の構造を再計算した。
(2007年4月12日3時2分 読売新聞)





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/73-526aa35c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。