スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手錠かけ変死 

 なんとも、奇っ怪な事件が5日発生しました。

 後ろ手に手錠、口に靴下・・・。「息子が殺されている」と帰宅直後の母親からの通報。なくなられた方が読売の記者さんということで「殺人事件か?」と各社の社会部記者は一時騒然となりました。
 で、発生からまもなくして「事件性が薄い」との連絡。
 現場の状況から警察当局がそう判断した模様です。ひとりでXXしてて誤って死んでしまったということなのでしょう。
 ご本人は仕事にまじめな方でした。若いのに残念です。

 そういえば2月にも千葉県柏市の中学生が手錠やビニールひもで手足を縛られ、口に粘着テープという格好て変死した事件がありましたが、あれも事件性は薄いという話でした。
 「手錠」が共通しています。自分で手錠をかけるような行為をしたことがないので、自分の知らない世界です。



読売社員が自宅で変死…後ろ手に手錠、口の中に靴下ZAKZAK 2007/04/06

 東京都文京区白山のマンション室内で5日、後ろ手にした両手に手錠をかけ、口の中に靴下が詰まった状態で死んでいるのが見つかった読売新聞の男性社員(36)について、警視庁は6日までの調べで事故との見方を強めている。 男性は、読売新聞社でインターネットや携帯電話、CS放送など朝夕刊以外の媒体での報道を行うメディア戦略局の管理部社員。編集局政治部の記者も兼務し、総務省を担当していた。
 男性は母親(65)と2人暮らし。母親は3日から旅行に出かけ、5日午後4時20分ごろ帰宅したところ、玄関に倒れている男性を発見。駆けつけた警視庁富坂署員が死亡を確認した。
 男性の粘着テープが張られた口の中には靴下が詰まっており、後ろ手に回した両手には手錠がかかり、左手に手錠の鍵を持っていた。死因は窒息死とみられる。
 調べでは、玄関は施錠され、室内に物色された形跡はなかった。着衣の乱れはなく、遺書なども見つかっていない。死亡当時、室内に男性以外の人物がいた様子はなく、捜査関係者は「男性が1人で何かをしていて、アクシデントが起こった可能性が高い」として、事件性は薄いとの見方を強めている。室内からは手錠などと関連した用具も多数発見されたという。



他のブログもお楽しみ下さい↓

人気ブログ












関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/66-448e6adb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。