スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jリート初の破綻 ニューシティ・レジデンス投資法人が民事再生法  

不動産、金融業界ではあってはならない出来事が9日、発生しました。
不動産投資ファンド「Jリート」の一角であるニューシティ・レジデンス投資法人が資金繰りに行き詰まり、民事再生法の適用を申請したのです。

金融庁はこの件に関して「寝耳に水」に近い状況でした。
恐らく、銀行団がリファイナンスに応じなかったのが原因でしょうが、銀行側の責任問題に発展すると思われます。




Jリート初の倒産、ニューシティ・レジデンス投資法人民事再生法を申請

2008年10月9日朝日新聞

 ニューシティ・レジデンス投資法人(東京都港区六本木1-10-6)は10日9日、東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。負債総額は約1,123億6,500万円。Jリートの倒産は初となる。

 同社は04年9月に、シービー・リチャード・エリス・インベスターズなどが、日本での不動産投資信託事業を目的に設立した不動産投資法人。同年12月に東京証券取引所不動産投資信託証券市場に上場した。

 しかし、サブプライムローン問題に端を発した金融市場の混乱及び信用収縮などにより、今年10月末までに取得資産の決済資金と返済期限の到来する借入金の返済資金のめどが立たない状況となった。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/390-5a8f3919

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。