スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついにアーバンコーポが破綻 負債2558億円 止まらない負の連鎖 

 サブプライムローン禍で資金繰りが急激に悪化している不動産業界ですが、ついに東証一部のアーバンコーポレイション(広島市、資本金190億円、房園博行社長、従業員342人)が破綻しました。13日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請しました。負債総額は約2558億円と、今年最大規模の倒産となります。

 2-3年前、不動産業界はバブル崩壊以降、最大の好況を迎え、各社は身の丈以上の資金を金融機関から調達し、投資額を膨らませてきました。そこへ襲ったサブプライムローン問題。資金繰りの悪化で崖っぷちに立たされている不動産企業は多く、早くも市場では「次はどこか?」と疑心暗鬼が広がっています。融資姿勢を硬直化させる銀行に破綻する不動産企業。市場では保有物件の投げ売りが始まっており、さらにそれが不動産価格の下落を呼ぶ。地価下落は都心部から首都圏近郊にまで広範囲に広がりつつあります。

 アーバンは1990年の設立。中古ビルなどの不動産を買い取った後、再開発や改修でバリューアップした後、ファンドなどに転売し利益を上げるビジネスで成功。首都圏や関西を中心に積極的に事業を展開して急成長した。2008年3月期連結決算では9期連続の増収増益を記録していました。

一方、積極的な不動産投資により、3月末の有利子負債残高は売上高の2倍を超える4078億円に達していました。6月に社債の格付けが引き下げられたこともあり、新たな資金調達が難しくなり、7月にはBNPパリバ証券が転換社債を引き受けたもののスワップ契約だったため資金手当の効果は少なく焼け石に水に終わっていました。



東京商工リサーチ:倒産速報

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

参考:

真柄建設が民再法申請 負債348億円

中小デベロッパーに経営破綻相次ぐ

東京で地価下落始まる

バブル崩壊? 都心部でも地価下落始まる


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/378-cc351e69

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。