スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ことしも炎暑列島が心配~熱中症で90歳男性死亡 奈良 

昨年の酷暑は辛かったですが、ことしの夏も大変なのでしょうか?
世界的な資源高で電気代の先高感がありますし、クーラーなど冷房器具の運転費用による家計への負担も心配です。

奈良県防災統括室の5日の発表によりますと、同県大和郡山市内の男性(90)が熱中症死亡したそうです。同室などによると、4日午後10時50分ごろ、男性の家族から119番通報があり、郡山消防署員が駆けつけたところ、自宅2階の寝室ですでに死亡していたそうです。
「昼間に熱中症のような症状になり、しんどくて歩けなくなった」と家族は話しているそうです。

 奈良地方気象台によると、4日の最高気温は、同市に隣接する奈良市内で31・7度を観測し、今シーズン2番目の高さでした。


都心で今年初の真夏日、20人手当て受ける

7月4日20時4分配信 読売新聞

 日本列島は4日、西日本から関東南部の広い範囲で晴れ間が広がり、東京都心部では今年初の真夏日となった。
 気象庁によると、東京・大手町で最高気温31・6度を記録。渋谷では久しぶりの強い日差しをよけようと、日傘をかざす女性の姿が目立った。
 そのほか、埼玉県熊谷市で33・5度、山梨県大月市で32・7度を記録するなど、各地で今年一番の暑さとなり、都内で20~80歳代の男女13人が熱中症とみられる症状を訴えて病院に搬送されたほか、埼玉、群馬、栃木県で計7人が手当てを受けた。
 また同庁は同日、「四国地方が梅雨明けしたと見られる」と発表した。昨年より19日、平年より13日早かった。

国内最高気温の埼玉・熊谷市、全国初の「熱中症情報発信

7月1日23時57分配信 読売新聞

 昨夏、40・9度と国内最高気温を74年ぶりに更新した埼玉県熊谷市で1日、熱中症の危険度を携帯メールやホームページ(HP)で知らせる全国初の「熱中症情報発信システム」が始まった。
 システムは市の依頼で日本気象協会が開発。市内30の全小学校に置いた「電子百葉箱」で集めた気温や湿度と熱中症指標計のデータを基に、熱中症の危険度を知らせる。

 危険度は、外出を避ける「危険」、炎天下を避ける「厳重警戒」から「警戒」「注意」「ほぼ安全」の5段階。HPでは、30校区ごとに「危険」の赤から「ほぼ安全」の水色まで色分けして示す。事前登録すると、携帯メールで“熱中症予報”を受け取ることができる。
 国内最高気温を記録した昨年8月16日と翌17日、熊谷市では熱中症で14人が病院に運ばれ、2人が死亡した。市は昨年まで暑さを市の売り物の一つに掲げていたが、暑さを和らげる方針に転換。JR熊谷駅に霧を噴き出して周囲の温度を下げる装置を取り付けるなどの取り組みもしている。富岡清市長は「全国に広がれば」と期待する。

 一方、市内にあるデパート八木橋百貨店入り口には50度まで目盛りのある「屋外大型温度計」が登場した。昨年、猛暑のシンボルとなった温度計だが、目盛りが40度までしかなかったため、日本新記録を表示できなかった。


☆他のブログもお楽しみください↓

にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ

人気ブログランキング

人気ブログ






関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/369-6647c5f6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。