スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英文毎日配信ニュースのお下劣な中身 毎日新聞社が関係者を処分 

 「日本人の母親は中学生の息子のためにフェラチオをする」

「南京大虐殺の後継者の日本政府は、小児性愛者向けの漫画を使ってオタクを自衛隊にひきつけようとしている」

 「福岡の米祭りは、顔にベトベトの白い液体を塗るため、AV業界が「顔射」と呼ぶものによく似ている」

 便所の落書きの類かと思いきや、なんと天下の大新聞、毎日新聞社のMainichi Daily Newsサイトから世界中に配信された記事の見出しの一部です。

 筆者はライアン・コネル (Ryann Connell)という人のようで、正社員ではないが嘱託社員でした。
「週刊実話」「週刊大衆」などエロ系な日本の週刊誌から、 これまたエロ記事ばかりを翻訳して紹介するという趣向でしたが、ちょっと度が過ぎている印象で、よくもまあこんな記事を堂々と掲載したものです。
 ここの編集に内容を「チェックする」という基本的な姿勢はないのでしょうか?

  日本の新聞がみんなこんな低俗なレベルだと思われたらえらいことです。

毎日新聞社:役員・記者ら処分 英文サイトに不適切コラム

 毎日新聞社は27日、英文サイト「毎日デイリーニューズ」上のコラム「WaiWai」に不適切な記事が掲載された問題で、コラムを担当していた英文毎日編集部記者を懲戒休職3カ月にした。また、監督責任を問い高橋弘司英文毎日編集部長を役職停止2カ月、当時のデジタルメディア局次長の磯野彰彦デジタルメディア局長を役職停止1カ月の懲戒処分とした。このほか、当時のデジタルメディア局長の長谷川篤取締役デジタルメディア担当が役員報酬の20%(1カ月)、当時の常務デジタルメディア担当の朝比奈豊社長が役員報酬10%(1カ月)を返上する処分とした。(29面に経緯の説明)

 本社は、担当記者が国内の雑誌に掲載された風俗記事を英文サイトに引用する際、不適切な描写のまま英文に翻訳した結果、多くの読者に不快感を与え、インターネット上で批判を受けるなど信頼を損なったと判断した。上司については、記事のチェックを怠るなどの監督責任を問うた。WaiWaiは今月21日に閉鎖している。

毎日新聞社:英文サイト問題の経緯説明します

WaiWai」コラムの前身は1989年10月、紙の新聞の「毎日デイリーニューズ」上で連載を開始した。その後、紙の新聞の休刊に伴い、2001年4月19日からはウェブサイト上の「WaiWai」として再スタートした。
 英文毎日編集部に籍を置く日本在住の外国人記者と外部のライターが執筆し、日本国内で発行されている雑誌の記事の一部を引用しながら、社会や風俗の一端を英語で紹介した。どのような記事を選択するかは主に外国人記者が行った。
 5月下旬、過去の掲載記事について「内容が低俗すぎる」「日本人が海外で誤解される」などの指摘・批判が寄せられ、調査した結果、不適切な記事が判明し、削除した。それ以外の記事についてもアクセスできない措置を取り、チェックを続けていた。
 6月中旬、削除した記事がネット上で紹介され、改めて批判・抗議が寄せられた。
 さらに調べた結果、元記事にはない内容を記者が加えていたケースも1件確認された。品性を欠く情報発信となったことを反省し、全面的に閉鎖することにした。

 その後、今回の問題についての経緯とおわびを日本語と英語でウェブサイトに掲載。25日付朝刊本紙にもおわびを載せた。
 社内調査に対し、記者は「風俗の一端と考え、雑誌記事を引用し紹介したが、引用する記事の選択が不適切だった。申し訳なかった」と話している。同コラムの執筆を記者に委ね編集部内での原稿のチェックが不十分で、編集部に対する上司の監督にも不備があった。

2007年9月17日配信

"The Cook, the Beast, the Vice and its Lover"

A disgusting and twisted restaurant in the Tokyo entertainment district of Roppongi is enticing warped rich folk with the opportunity to figuratively have their cake and eat it, too — with animals, according to Jitsuwa Knuckles (9/25).
Roppongi’s bestiality restaurant is being regarded by its main nouveau riche patronage of young company presidents and venture capitalists as a decadent practice only possible among the wealthy.
“Apparently, the restaurant started off quietly in the basement of a building that a real estate agent in Roppongi who couldn’t find any other tenants,” an S&M club worker identified only as M tells Jitsuwa Knuckles. “News about the restaurant spread through word of mouth and it became popular.”
M says she visited the members-only restaurant about half a year ago after being invited there by one of her regulars, a well-heeled lawyer.
At first glance, the first floor restaurant appears fairly nondescript. When a customer goes in, they give their name to a receptionist. When they are approved, they pass through a wooden door to be greeted by another door, this one made of metal. Passing a membership card over a scanner outside the door will automatically open it. Inside is an eatery that resembles just about any other Italian restaurant.
Membership in the restaurant is open only to those with an annual salary of at least 20 million yen, and a minimum cash flow of 100 million yen.
“After we got into the main restaurant, an employee escorted us down to the basement,” M says. “The walls were pitch black and the floor covered in a blood red carpet, so I guess the place must be a refurbished S&M club.”
Once the customer feels prepared, they will be presented with beast of their choice. In the lawyer’s case, it was a sow.
“I’d been told what to expect, but when I actually saw what was happening, it was as shocking as you’d imagine it to be,” M tells Jitsuwa Knuckles. “Later, the lawyer told me the appeal of the place just came about because when people have got money and done everything else, they turn toward bestiality.”
Once the lawyer had finished porking the pig, the couple returned to the first floor and sat at a table to dine. M says she was totally shocked when staff members carried in roast pork — made of the same sow the lawyer had earlier been with.
“I was about to vomit,” M says. “It was the same pig that had been squealing just moments before. Now, it had been roasted whole. I managed to avoid eating it by only having salad.”
Incidentally, prices range from 200,000 yen to 500,000 yen for a chicken, dogs cost somewhere between 300,000 yen and 800,000 yen, while pigs and goats start at around 800,000 yen. Charges are higher depending on whether the creature is female and how active it is.
“The owner says he is prepared to cook up any kind of animal at all,” M tells Jitsuwa Knuckles. “He even said he’d prepare elephants … but I think he might have been joking about that.” (By Ryann Connell)


☆他のブログもお楽しみください↓

にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ

人気ブログランキング

人気ブログ







関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/365-eb7bbf6d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。