スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スルガコーポが民事再生 負債620億円 信用不安の連鎖に懸念 

 東証二部上場の不動産会社スルガコーポレーションは24日、東京地裁に民事再生手続き開始を申し立てました。負債総額は約620億円。同社は所有商業ビルをめぐり、立ち退き業務を委託していた企業2社の関係者が弁護士法違反の容疑で逮捕された影響で、銀行からの新規の資金調達や不動産の処分が停滞していたようです。5月末には、監査を担当する新日本監査法人から、2008年3月期の決算書類について監査意見を表明しないとの報告を受けた。これらが背中を押す形で事業の継続を断念したようです。

 ついに、あのスルガコーポが逝ってしまいました。株主総会を二日後に控えたタイミングでした。
 暴力団不祥事がらみで信用が失墜、同社の資金繰りに対するネガティブ情報がかけめぐっていましたから「やはり」の感がします。私の記憶ではたしかメーンバンクはM銀行グループだったと思いますが、売り上げが昨年急激に伸びた時期に重なっていますので、ひょっとしたら引き当てを積みきれていない部分があるかもしれません。

 同社の株は上場廃止が決まりましたので、25日以降は当面値が付かないでしょう。スルガコーポを筆頭に、暴力団がらみの噂がある企業や資金繰り不安のある不動産、建設関連の企業の名前が噂に上っており、上場している企業の多くは既に投資から「売り浴びせ」を受けています。
 一番懸念されるのは、今回のスルガの破綻がきっかけになって不動産、建設関連業界の底なしの信用不安の連鎖を招くことです。6月末はその意味で非常に緊張を強いられる時期になりましょう。


東京商工リサーチ:倒産速報

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

☆他のブログもお楽しみください↓

にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ

人気ブログランキング

人気ブログ








関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/363-740ecdf7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。