スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトバンクが米アップルの携帯電話「iPhone」を発売へ 

 米アップルは最大手のドコモより、勢いのあるソフトバンクを選んだようです。

 ソフトバンクモバイルがさきほど、米アップル社と契約を締結し、年内に日本で携帯電話iPhone(アイフォーン)」を発売すると発表しました。
 
 アイフォーンは、、「iPod(アイポッド)」の音楽プレーヤー機能や、インターネットに接続する情報端末機能を併せ持つ携帯電話。大画面にふれて操作するタッチパネル方式で操作の快適さや音楽・動画の再生機能が人気を呼んでいます。2007年6月に米国で発売されると、9月末までに140万台が売れるなど記録的な売れ行き。その後、英国やドイツ、フランスでも順次発売され、アップルでは2008年に1000万台の販売を見込んでいるものです。


 国内キャリアの選定をめぐってはソフトバンクモバイルとNTTドコモが激しく競り合っていた背景があり、
知り合いの通信業界担当の記者によると「業界ではことし最大の話題になる」ということです。 



6月4日15時57分配信 RBB TODAY


4日、ソフトバンクが日本国内におけるiPhoneの販売について米Appleと契約したとの発表を受けてNTTドコモは次のようにコメントした。

 「iPhoneはアップルファンに訴求できる魅力的な商品なので、今回の発表は残念に思います。今後の対応を検討していきたい。」


■他のブログもお楽しみください↓

にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ
人気ブログランキング
人気ブログ



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/352-d3e768ca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。