スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郵便局に初の派遣労働者~人出不足の郵政公社 

 時事通信ニュースによりますと、人手不足が問題となっている日本郵政公社がついに派遣労働者を受け入れるようです。
 「郵便局はきつくて安い」と評判ですものね~。生半可な募集手段では人集めできませんよ。



 日本郵政公社は24日、今月末の大量退職に伴う人手不足対策として、郵便局の窓口業務に派遣労働者を初めて活用する方針を明らかにした。パートなど非常勤職員「ゆうメイト」の求人対策では先に、4月から時給の最大300円アップを決めており、公社はあの手この手で人手確保を図る考えだ。
 郵政公社では、3月末で正規職員の約5%に当たる1万2400人が定年・早期退職する一方、4月の新規採用は6400人にとどまる。これらの結果、4月1日時点で正規職員の配置不足数は約1万人と、前年同期の4倍に達する見込み。
 こうした人手不足に対応して、ゆうメイトの時給を「地域で競争力のある雇用単価」(人事部門)に上げるとともに、派遣労働者の活用を試験的に始める。当面の対象は神奈川、大阪、兵庫の1府2県の計20局で、4月中をめどに合計20人を貯金窓口業務に従事させる。
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco&k=2007032400225




  



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/34-aed586e9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。