スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福田首相が異例の「賃上げ」要請~「果実を家計に」 

 これは異例ですね。
 福田首相メルマガでいまホットな「春闘」に言及です。

 今朝の各紙の報道によると、福田康夫首相が6日配信の「福田内閣メールマガジン」で、春闘の労使交渉に言及し「今こそ改革の果実が給与として国民、家計に還元されるべき時がやってきている」と指摘し、賃上げの必要性を強調したそうです。

 春闘シーズンが本格化している最中に、現役の総理大臣が経営側に積極的な対応を求めるなんて聞いた事がありません。昨年来の格差問題をはじめ原油、穀物価格高騰による「値上げ」による家計圧迫が、政権批判に向かうのを回避したいという思惑もありそうです。

 昨年夏の参院選はまさに「格差」がテーマでした。与党の大惨敗をきっかけに安部首相が政権を放り投げ、その後を引き継いだのが福田首相でした。

 首相はメルマガで「日本経済は大企業を中心に、これまで最高の利益を上げるまでになっている。改革の痛みに耐えて頑張った国民の努力のたまものだ」と指摘。「給与引き上げの必要性は、経済界も同じように考えているはずだ。政府も経済界トップに要請している」「企業にとっても、給与を増やすことで消費が増えれば経済全体が拡大し、より大きな利益を上げることにつながる。企業と家計は車の両輪だ」としました。

 
マイレージプラスカード利用でボーナスマイル+カード利用マイル!
ヨーロッパを巡る旅
セカンドライフ海外旅行特集

↓他のブログもお楽しみください↓

人気ブログ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/324-54ffe711

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。