スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主が対案「道路政策大綱」 暫定税率廃止など 

 道路をめぐる与野党対決が鮮明になる中で、民主党道路特定財源に対する考え方をまとめた「道路政策大綱」を昨日、発表しました。福田首相をはじめ与党内では「修正協議」を口にする人が増えてきましたが、民主党の直嶋正行政調会長は会見で「政府案とはかなり考え方が違うので、簡単に修正協議に入ることはできない」と述べました。

 あえて修正の余地が入れられないようなものを示して、解散総選挙に持ち込む考えなのでしょうか。

  


民主が道路財源で対案、暫定税率廃止など5項目

27日 22:02日経新聞 

 民主党は27日の「次の内閣」の会合で、道路特定財源の一般財源化や暫定税率廃止など5つの基本方針を示した道路政策大綱特定財源改革法案要綱を了承した。改革法案には一般財源化と暫定税率廃止に加え、地方自治体の財源を確保する措置を明記。暫定税率を10年間維持する政府の租税特別措置法改正案への対案と位置付け、近く参院に提出する。
 直嶋正行政調会長は記者会見で「(政府・与党と)かなり考え方が違うので簡単に修正協議に入ることはできない」と指摘。菅直人代表代行も「足して二で割るような微修正でお茶を濁すつもりはまったくない」と語り、与党の大幅譲歩が修正協議の前提になるとの見方を示した。
 政策大綱は「自民党も骨太の道路政策の対案を提示してほしい」として、自民に譲歩案を示すよう呼び掛けている。

インターネットで株をやるなら、アイディーオー証券株式会社で!
ボーナスマイルキャンペーン実施中!ユナイテッドバケーション

■他のブログもお楽しみください↓

にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ
人気ブログランキング
人気ブログ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/315-dedaba61

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。