スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度は「肉まん」からメタミドホス ~中国製冷凍食品 

 今度は「肉まん」でした。中国製食品の農薬汚染はとどまるところを知りません。

 広島県と大阪市は19日、中国の工場で製造され、大阪市のニッキートレーディングが輸入販売した業務用の冷凍食品青島ニラ肉焼まん」の具や皮から少量の有機リン系殺虫剤メタミドホス」を検出したと発表しました。餃子で問題となっている天洋食品製ではありません。

 検出された有機リン系殺虫剤メタミドホス」は0・22~0・64ppmと少量で、直ちに健康に影響はないとみられるが、残留農薬としては比較的高い数値ということです。県と市は「原料に含まれていた残留農薬の可能性が高い」としています。検出されたのは中国の「山東仁木食品」が2006年8月2日に製造したもの。

 1月31日と2月1日に肉焼まん計12個を食べた広島県三次(みよし)市内の男性(73)が、めまいを感じて1日に医療機関を受診。「典型的な有機リン中毒とは言えない」と診断され、入院はしなかったが、同県が調べたところ、食べ残しから0・64ppm、未開封の同じ商品から0・55ppmのメタミドホス検出。袋からは検出されなかったということです。

 山東仁木食品ニッキー社の親会社「ニッキーフーズ」(大阪市)が1997年3月に100%出資して設立。2000年にダスキン(大阪府吹田市)が運営するチェーン店「ミスタードーナツ」が販売して問題となった無認可添加物入り肉まんの製造元です。


安心食材をお届け 大地宅配の「お試し野菜セット」送料無料で1,290円から
老舗のこだわり新杵の和菓子。おいしいを全国配送。三千円以上送料無料。
生活習慣病予防にニチレイの【低カロリー食】
中国肉まんからメタミドホス=山東省の食品会社製造-広島で販売

02/19-23:45 時事通信

広島県で販売されていた中国製冷凍食品青島ニラ肉焼まん」から基準値を超える有機リン系殺虫剤成分「メタミドホス」が検出されたと、同県と大阪市が19日、発表した。山東仁木食品(山東省)製で、冷凍ギョーザによる中毒事件が発覚して以来、天洋食品(河北省)製以外からメタミドホス検出されたのは初めて。
 厚生労働省は、検出された値がそれほど高くないことから、意図的な混入ではなく残留農薬による可能性が高いとみている。同省は山東仁木食品の輸入業者に自主検査を義務付けるよう検疫所に指示した。
 問題の冷凍肉まんは2006年8月2日に製造され、「ニッキートレーディング」(大阪市)が2500袋(20個入り)を輸入、「ニッキーフーズ」(同市)が同年9~10月、主に業務用として、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡、沖縄の6府県10業者に販売した。


他のブログもお楽しみ下さい↓

人気ブログ








関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/303-8e4cdd97

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。