スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギョーザに別の殺虫剤? 天洋食品の昨年6月製造品から 

 毒入り中国製ギョーザ事件で、また新たな展開です。

 日本生活協同組合連合会が五日発表したところによりますと、天洋食品が昨年六月三日に製造した「CO・OP手作り餃子」の皮や具から、有機リン系殺虫剤ジクロルボス」を検出した、ということです。すっかりおなじみになった「メタミドホス」とは別のものです。

 メタミドホスの事件では、あまりにも濃度が濃いのと袋の外側に付着していたものがわかった点から「故意」が疑われていますが、今回の新たな殺虫剤の検出で、農薬、殺虫剤の混入が常態化しているふしも窺われます。

 生協連の調べでは、濃度は皮で一一○ppm、全量で一○ppmで、具から○・四二ppm。ギョーザ二個を食べると、健康に影響が出る恐れがあるレベルということです。しかし、今のところ被害は報告されていません。

 昨年十一月、同商品を購入した福島県のコープあいづのバリューぷらざ店の職員から「オイルのようなにおいがきつくて食べられない」と、コープあいづを通じ日本生協連に連絡があったということです。コープあいづが、同店にあった同じ製造日の在庫を調べたところ、同じような異臭を確認。若松店でも異臭があったため、全店からこの商品を引き揚げていました。

 また昨年十月、宮城県の「みやぎ生協」の組合員からも、同じ製造日の同商品を焼いて食べたところ、異臭と薬品のような味がしたとの苦情があり、日本生協連はジェイティフーズに確認を依頼、同社は「検査の結果トルエン、キシレン、ベンゼンを検出した」と昨年十一月二十日に生協連に報告していたということです。








■他のブログもお楽しみください↓

にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ
人気ブログランキング
人気ブログ

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/290-8adaf60f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。