スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google支配への焦り?~マイクロソフト、米ヤフーに買収提案の裏側  

前回の轍は踏まない、という自信からでしょうか?

マイクロソフトMS)が1日、米ヤフー買収提案しました。買収額は446億ドル(約4兆7500億円)。MSは2006年から07年にかけヤフー買収提案を行った経緯がありますが、ヤフー側に拒否され、そのときは不発に終わっていました。

MSの今回の買収提案は、ソフトウエア企業としては最大手ですが、ネット広告の分野ではグーグルに大きく後れを取っているMSの挽回策という側面からの動機づけが妥当でしょう。ヤフーもネット検索のシェア低下により減益が続く中、昨年トップが交代。今週の決算発表では従業員の削減を打ち出すなど、業績の低迷が続いていました。

 インターネット検索に連動した広告の分野では、グーグルは世界の検索エンジン市場での60%を超える市場占有率(シェア)を背景に「独り勝ち」状態になっています。さらにグーグルは、ネット広告代理店大手のダブルクリック社を買収するなど勢いを増しています。

 MSの苦境は直近の決算に表れています。2007年10~12月期決算におけるオンラインサービスの売上高は前年同期比38%増の8億6300万ドル。これに対し、グーグルの10~12月期決算の売上高48億2668万ドル(前年同期比51%増)と、差は歴然です。

 グーグルは2007年5月にディスプレイ広告(バナー広告)大手の米Double Clickを買収。(※米ダブルクリックを31億ドルで買収~米グーグル )これに対抗する形でMSは同じくディスプレイ広告に強い米aQuantiveを60億ドルで買収しました。圧倒的なグーグルに対抗するためには、MSとしては多少無理してもヤフーを買収せざるを得なくなった、というのが実情なのでしょう。

ホスティングサービスWebARENA
@WORD 広告のない無料ブログ作成レンタルサービス
SNSとBlogを一緒に - @FlaBo


 01日 23:02 日本経済新聞
【シリコンバレー=村山恵一】米マイクロソフトMS)は1日、米ヤフーに買収を提案したと発表した。買収額は446億ドル(約4兆7500億円)。両社のネット事業の売上高を合計すると年間94億ドルに達し、グーグルの売り上げの6割程度に迫る。世界最大のソフトウエア会社であるMSとインターネットサービスの草分けであるヤフーの経営統合が実現すれば、ネットを中核とするIT(情報技術)業界の勢力図が大きく塗り替わる可能性が高い。
 ヤフー買収は、MSのスティーブ・バルマー最高経営責任者(CEO)がヤフー取締役会に書簡を送り提案した。MSは現金と株式を組み合わせてヤフー株1株を31ドルで取得する。この金額は1月31日のヤフー株の終値を62%上回る。 ヤフーは1日、「取締役会は提案について慎重かつ迅速に検討する」とのコメントを発表した。同日の米株式市場でヤフー株は一時、前日比50%以上急騰した。








■他のブログもお楽しみください↓

にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ
人気ブログランキング
人気ブログ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/281-31450ebd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。