スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「もはや経済一流でない」~大田経財相 

 「もはや日本は経済一流ではなくなった」。

 言われなくても分かっているよ、とは思いますが、あらためて大臣に言われると考え込んでしまいます。

ひょっとしたらまだ日本は一流国家だと心の片隅で信じていたのかも知れません。


 大田弘子経済財政担当相が18日、衆参両院の本会議で行った経済演説のなかで、「残念ながら、もはや日本は経済は一流と呼ばれる状況ではなくなった」と指摘しました。

 「2006年の世界の総所得に占める日本の割合は24年ぶりに10%を割り、1人あたり国内総生産(GDP)は、経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で18位に低下した」

 このところのユーロ高などで相対的に欧州諸国のランクが上がっている事情があるにしても、日本経済の凋落ぶりは確かにひどい状況です。

 大田経担相は続けます。「今の日本経済に求められることは、もう一度、世界に挑戦する気概を取り戻すこと」。

 私の見方では、ことし3月には国内で比較的規模の大きな景気の崩落がやってくると見ています。個人の財布のひもは一層堅さを増し、小売り・流通業界の厳しさは続くでしょう。住宅は売れず、持ちこたえられなくなった建設・不動産業界からボロボロと倒れる企業が相次ぐと見られます。

米国のブッシュ大統領が大規模な減税策を固めましたが、一時的に各家庭に16万円ほどの金を配ることでどうやって景気を浮揚できるのでしょうか。

 米国の景気減速はそうかんたんにはブレーキはかけられません。

「経済無策」と呼ばれる福田内閣ですが、早く思い切った施策を打たないと、国民から石をぶつけられる羽目になりそうです。


関連記事→日銀短観 大企業の景況感が悪化~景気後退へ逆回転の序章か?



他のブログもお楽しみ下さい↓

人気ブログ

人気ブログランキング





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/273-b34d68d4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。