スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット競売詐欺が激減・ヤフー、07年はピークの1割に 

ネット競売詐欺が激減・ヤフー、07年はピークの1割に

インターネットオークション(競売)に出品しながら落札者に品物を送らない詐欺が大幅に減っていることが5日分かった。出品数の8割が集中するヤフー(東京)の「ヤフーオークション」は、最悪だった2005年に比べ被害額が1割程度になった。出品者の身元確認の厳格化、疑わしい出品のチェック、落札者に品物が届くまで会社が代金を預かるなど、運営会社の対策が功を奏しているようだ。

 オークション比較サイトを運営する「オークファン」(同)の調査では、主要な4つのネットオークションで昨年11月の1カ月間に落札されたのは計約1200万点で、1000万点以上がヤフーだった。

 ヤフーによると、オークション取扱総額が増え続ける中、詐欺被害者に支払った補償金(被害額の8割)は昨年1―9月で約9000万円。06年同時期の約4億4000万円、05年同時期の約8億7000万円と比べると大きく減少した。補償金は被害者側に特別な落ち度がない限り払われ「詐欺被害額と連動する」(同社)という。〔共同〕







オークション詐欺が激減 一方でID売買横行も


2008年01月07日 09時13分 ITmedia

いわゆるオークション詐欺が激減している。ヤフオクでは07年、最悪だった05年に比べて被害額が1割程度にまで減った。一方、「闇サイト」ではID売買が横行している実態もある

インターネットオークション(競売)に出品しながら落札者に品物を送らない詐欺が大幅に減っていることが分かった。出品数の8割が集中するヤフー(東京)の「ヤフーオークション」は、最悪だった2005年に比べ被害額が1割程度になった。出品者の身元確認の厳格化、疑わしい出品のチェック、落札者に品物が届くまで会社が代金を預かるなど、運営会社の対策が功を奏しているようだ。

 オークション比較サイトを運営する「オークファン」(同)の調査では、主要な4つのネットオークションで昨年11月の1カ月間に落札されたのは計約1200万点で、1000万点以上がヤフーだった。

 ヤフーによると、オークション取扱総額が増え続ける中、詐欺被害者に支払った補償金(被害額の8割)は昨年1~9月で約9000万円。06年同時期の約4億4000万円、05年同時期の約8億7000万円と比べると大きく減少した。補償金は被害者側に特別な落ち度がない限り払われ「詐欺被害額と連動する」(同社)という。

 同社は、ID(会員番号)のほかに暗号を入力しないと出品資格を得る登録ができないようにしているが、06年11月から暗号が記載された文書の配達を開始。出品希望者が住所入りの身分証を提示しないと文書を渡さない仕組みにして本人確認を徹底した。

 さらに、スタッフ200人態勢で出品をチェック。出品歴がない人が突然「パソコン10台を売る」など不審な出品は強制削除もするという。

 また、「楽天オークション」(東京)は商品配送と代金支払いを仲介。落札者に商品が到着するまで代金を預かることで詐欺を防止する。

 「ビッダーズ」「モバオク」で知られる「ディー・エヌ・エー」(東京)も「方法はセキュリティー上明かせないが精度が高い」(同社)という独自の本人確認、出品チェックと配送・支払い仲介を組み合わせ、効果を上げているという。


【用語解説】インターネットオークション

 インターネット上で開催される競売。個人同士の不用品売買を仲介して人気を集めているほか、業者が店舗で扱っている商品をネットで同時に売るケースもあり、衣服、雑貨から自動車、不動産まで出品される。出品者は運営会社に登録した上で、オークションのウェブサイトに品物を出し写真などを掲載。入札者はそれを見て競り合う。代金詐取のほか、盗品の出品も問題になった。2002年に改正された古物営業法で、運営会社に盗品発見時の通報、出品者の取引記録の保存などが義務付けられた。

■他のブログもお楽しみください↓

にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ
人気ブログランキング
人気ブログ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/271-10f91980

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。