スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクドナルド 賞味期限張り替え「6年前からほぼ毎日」 

 あのMACも赤福と同じ?

 コスト削減は食の安全よりも重視されていたようです。

 日本マクドナルド(本社・東京都新宿区)は29日記者会見し、マクドナルドの都内4店舗(早稲田店、大塚駅前店、新大塚店、本郷三丁目店)で、売れ残ったサラダの調理日時のシールを張り替えて改ざんしていた行為を「6年前からほぼ毎日行われていた」と明らかにしました。

 4店舗はいずれも、同社とのフランチャイズ契約でアスリート社が運営していたものです。

 シールの張り替えはアスリート社員がアルバイト店員に指示し、3店舗では01年12月から、1店舗では02年7月から常態化していたそうです。サラダは本来は、販売する当日に調理すべきなのに、前日の閉店後に調理して翌日に販売することもあったそうです。


 この問題に関連し、農林水産省は29日、外食産業の業界団体である日本フードサービス協会と、日本ハンバーグ・ハンバーガー協会に対し、法令順守や再発防止を徹底するよう指導しました。



安心食材をお届け 大地宅配の「お試し野菜セット」送料無料で1,290円から




にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ
人気ブログランキング
人気ブログ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/252-6b1fc1c3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。