スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「がんと闘う」筑紫哲也さんに聞く 毎日新聞 

 肺がんであることを自分の番組で告白したニュースキャスター筑紫哲也(71)氏が27日の毎日新聞のインタビューに登場していました。


 筑紫さんは一日三箱以上吸うというヘビースモーカーとして知られていました。
 好きな銘柄は「ハイライト」と「マールボロの赤」。

 同じくタバコが止められないわたし自身にとっても大先輩の筑紫さんの動向は気になります。肺ガン=たばこというイメージが定着しているだけに、筑紫さんの罹患を聞き「やっぱり」と思ったのは私だけではないでしょう。

 さすがに氏は病後、たばこを止めたそうです。

 インタビューでは「たばこ」を巡ってのやりとりが面白い。

 
 困ることが出てきた。大好きなマージャンと原稿書き。
 「一服できないと、全然面白くない」。
 (中略)

 「長生きには、吸わないのがいいのか、吸うのがいいのか、議論のあるところでね。たばこで死ぬ人も、糖尿など食い過ぎで死ぬ人もいる。もう一つは、たばこや食に急ブレーキかけて、そのストレスで死ぬ人。屁(へ)理屈だけど」

 論は勢いを増す。「百害あって一利なしと言うけど、文化は悪徳が高い分、深い。人類が発明した偉大な文化であり、たばこの代わりはありませんよ。これを知らずに人生を終わる人を思うと、何とものっぺらぼうで、気の毒な気がしますね」

 でも、そんな文化がんをもたらした、と向けると、「そうとも言えない」と首を振る。「肺がんに直結しているようだけど、たばこは引き金で、本当の原因はストレスなんです」
 たばこが原因だとは今でも思っていないのだ。




 典型的な「たばこ文化」論者なんですね。筑紫さんは。

 わたし自身も原稿書きの際、やはりたばこがあるのとないのとでは
筆の進み具合(実際はPCですが)が断然違うと感じる。忙しいほどたばこの量が増えるというのは数少なくなった同業の愛煙家の皆さんは共感して貰えるのではないでしょうか。

 「自分はがんにはならない、という根拠のない自信があった」と周囲に語っていた筑紫さんですが、今回の闘病のきっかけになったのは年に一度欠かさず受けていた人間ドック。そこで初期のがんが見つかったのです。

 肺がんは早期発見が難しいといわれますが、筑紫さんが受けたのは「PET検査」と呼ばれる陽電子放射断層撮影による診断法。がん細胞は正常細胞に比べてブドウ糖を3― 8倍取り込むという特性を利用したものです。

 検査は簡単で、撮影前に「FDG」と呼ばれる陽電子を放出する放射能が付いた擬似ブドウ糖を注静脈射。1時間後、体内に注入された薬剤ががん細胞に集まり、これをPETカメラで撮影するというしくみです。


PTSトラベルナビ
これ1本であなたが編集長 旅自慢
海外旅行の最新情報とクチコミ情報掲示板!地球の歩き方
【ホテルクラブ】海外ホテル予約。人気のあのホテルが最大60%引き


■他のブログもお楽しみください↓

にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ
人気ブログランキング
人気ブログ


全文は→
毎日新聞 特集ワイド:がんと闘う筑紫哲也さんに聞く
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/251-32213363

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。