スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国 日本からの高級和牛の密輸相次ぐ 富裕層の間で人気とか 

 産経新聞の20日の報道によりますと、中国で日本産の高級牛肉を密輸しようとし、摘発される事例が相次いでいるそうです。

 「日本の牛肉は上質でうまい」と富裕層に人気があり、高値で販売されるため、利ざやを稼ぐ目的で日本人らが密輸しているそうです。

 今年6月から今月初旬までの間だけで上海浦東国際空港で摘発された件数は26回で、計3458キロも没収されているそうです。
 中国ではBSE発生国の日本からの牛肉輸入を禁止しているが、北京や上海などではキロ当たり数千元(1元=約15円)から1万元程度で闇で取引されていて、個人のパーティーで松阪牛を目玉とするケースもあるそうです。上海紙「解放日報」などによると、今月3日、上海浦東国際空港で大阪から到着した中国人1人と日本人5人が大量の荷物を運びだそうとし、不審に思った税関職員が検査したところ、960キロの牛肉を発見、押収した。8日にも牛肉530キロが押収されたという。


 「食欲」は国境を越える? 





↓★他のブログもお楽しみください

人気ブログ

にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ
人気ブログランキング


ヨーロッパを巡る旅
セカンドライフ海外旅行特集
登録無料・会員特典多数■新規・キャンセル物件情報・イベント■三菱地所
地球一周航空券をGETしよう!キャンペーン実施中!/地球の歩き方
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/246-ea0bb6bb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。