スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街角景気 4年半ぶりの低水準に 近づく「冬の時代」の足音 

 景気は再び、「冬の時代」へ逆戻り、となるようです。


 内閣府は8日、10月の「景気ウオッチャー調査」結果を発表しました。
 それによります、3カ月前と比べた街角の景況感を示す現状判断DIは前月比1.4ポイント下落の41.5と、7カ月連続で悪化し、2003年6月以来4年5カ月ぶりの低水準となりました。

 横ばいを示す50を下回ったのも7カ月連続。ガソリンや食品の値上げに加え、改正建築基準法の施行に伴う住宅着工戸数の大幅減が響いたとみられます。

 同調査は、街角の景気に敏感な小売店主やタクシー運転手らを対象に実施しています。現状判断DIを見ると、家計、企業、雇用の全部門で悪化。内閣府は総合判断を「回復に引き続き弱い動きがみられる」として、3カ月ぶりに下方修正しました。

 
インターネット株式現物・信用取引ならアイディーオー証券




■他のブログもお楽しみください↓

にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ
人気ブログランキング
人気ブログ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/234-4fafedbd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。