スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋田県警 「比内鶏」を家宅捜索へ 不正競争防止法違反容疑 

 タダ同然の「廃鶏」を10年以上にわたり「比内鶏」と偽り、消費者に売りさばいていた秋田県大館市食肉加工会社「比内鶏」の偽装表示問題に、ついに捜査メスが入りそうです。

 各紙の報道によると、秋田県警生活環境課などは9日、不正競争防止法違反(虚偽表示)の疑いで、10日にも同社などを家宅捜索する方針を固めたもようです。

 安値の「廃鶏」を使いながら、地元特産の「比内地鶏」と名付けていたとんでもない所業で、県警は詐欺容疑も視野に全容解明を進める方針のようです。
 
 秋田県の調査によると、同社は製造していた24品目のうち、薫製や鶏団子など15品目で、比内地鶏を使用したような名称を付けながら、まったく使っていなかったことが判明しています。偽装は約10年前から始まったといい、うち薫製の2商品では賞味期限の改ざんも行われていました。

 国民を馬鹿にした営利・詐欺行為を断罪してほしいものですね~。





■他のブログもお楽しみください↓

にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ
人気ブログランキング
人気ブログ



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/230-189d6e93

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。