スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらに細るは親のスネ~「仕送り」月10万円割れ 借金する親も増加! 

 首都圏の私立大に昨春入学した自宅通学の学生の仕送り額が初めて10万円の大台を割り込みました。スネは年々、細るばかりです。深刻なのは、三人に一人の割合で入学のための諸費用を借金で調達している点です。

 わたしも小学生の娘のため、毎月積み立てで投資信託を購入し、「教育資金ファンド」を備えていますが、調査結果は将来の明日の我が身かもしれません。
 19日に東京地区私立大学教職員組合連合(東京私大教連)がまとめた家計負担調査で分かったものです。それによると、昨年6月の平均仕送り額は9万9200円で、1986年の調査開始以来初めて10万円を下回りました。

 この仕送り額は2000年から6年連続で減少傾向だそうです。「仕送り」から「家賃」分を引いた一日当たりの生活費は平均約1300円と、最低を更新。学生達はアルバイトが欠かせない状況に追い込まれています。  

 調査には、早稲田、明治など首都圏の二十大学・短大の新入生約四千人の保護者が回答を寄せました。入学金、学費などの大学への初年度納付金は約130万8300円。自宅通学者の場合、受験費用や敷金・礼金、生活用品費などを含めると受験から入学まで平均約214万6000円。さらに、仕送りを加えると最初の年の経費は平均約307万2400円かかるそうです。
 一方、入学費用を借金で調達したは、全体の27・7%(前年度比5・8%増)と3人に一人に近い割合です。自宅通学者のでは30・8%、自宅通学者のも25・2%を占め、それぞれ過去最高だったそうです。
 借入額の平均は174万3000円で、前年度に比べ7万9000円増え、過去最高を更新しました。


■他のブログもお楽しみください↓

にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ
人気ブログランキング
人気ブログ



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/21-fbcf33ca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。