スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日空機の胴体着陸 

  高知空港で13日に発生した全日空1603便(ボンバルディアDHC8―Q400型機、大阪(伊丹)発高知行き)による胴体着陸の事故で、前輪を格納する機体下部のドアが開かなくなっていたことが国土交通省航空鉄道事故調査委員会(事故調)の調べでわかりました。 ドアは通常、油圧装置で開閉し、非常時は緊急手動装置で開閉する仕組みになっていますが、緊急手動装置も何らかの原因で作動せず、事故機は前輪を出すことができなかったようです。

■続きは→「赤坂銀平のFLYING HIGHhttp://akasakagin1.blog99.fc2.com/blog-entry-9.html









★他のブログもお楽しみください↓


人気ブログランキング【ブログの殿堂】








関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/2-2f9c1e38

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。