スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットの力?4年前の事件がわずか一日で解決 

 MYCOMジャーナルが3月15日に配信した記事が面白い。


 地下鉄の暴行犯がインターネットの力で4年ぶりに検挙されるという事件が、韓国で起こったそうだ。事件は2003年5月頃、地下鉄の電車内でおきた。被害者の27歳女性の向かい側に座っていた2人の男が女性を「足が太い」などとと中傷。周辺にいる人まで巻き込みこの女性を笑いものにした。

 耐えかねた女性は2人に謝罪を要求。しかし2人は「聞こえない」と知らんぷり。かっとなった女性が手にしていた花束を投げつけると、男がこぶしで殴ったたうえ蹴り飛ばすなどの暴力行為に及んだ。

 女性は、事件当日に携帯電話で撮った2人の写真を送るなどして警察に被害を訴えたものの相手にしてはもらえなかったという。

 その後もあらゆる手段を講じて犯人をつかまえてほしいと訴え続けた女性がやっと報われるときがきた。それはインターネットへの書き込みだった。署名運動や社会問題を討論するポータルサイトで、文章を書いた日から8日が経過した時点で23万件を超えるコメントがついたというからものすごい反響だ。 さらにマスコミがこの騒動を報道すると、事件は社会的に広く知られるところとなったという。警察のサイトにも抗議が殺到。とうとう本格的な捜査に乗り出した。
 結局、犯人の2人は捜査開始からわずか1日で検挙されることとなったということだ。
 



 世界でトップクラスのインターネット普及率を誇る韓国ならではのお話ですね。

■他のブログもお楽しみください↓

にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ
人気ブログランキング
人気ブログ




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/18-69d672c6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。