スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かんぽの宿の食堂売店業務、郵政ファミリー企業とべったり 

 読売新聞の1面トップのスクープです。

 同紙の18日付朝刊の報道によると、日本郵政公社が運営している宿泊施設「かんぽの宿」を巡り、旧郵政省OBが社長を務めるファミリー企業「夢閑歩(ゆめかんぽ)サービス」(本社・東京)が、かんぽの食堂、売店122店のうち70店の業務を公社から随意契約で委託されていることがわかった、ということです。

 この時代にまだ、官業をむさぼり食うファミリー企業がぬくぬくと生息していたんですね~。
天下の読売新聞がこれだけ大きな報道をするからには、相当あこぎな商売をしてか、暴利をむさぼっていたか、天下りのOBが高い給料をはんでいたに違いない、という印象を持ちましたが。

 郵政のファミリー関連企業については、たしか東洋大学の松原聡教授がリーダーとなって検討委員会を作り、徹底的な洗い直し作業http://www.japanpost.jp/pressrelease/japanese/PDF/sonota/070807j90101.pdf#search='をしていたと思いますが、ようやく大きな「獲物」を釣り上げたということでしょうか。ご苦労様でした~。

 あの郵政民営化の立役者・竹中平蔵さんも松原先生の見直し作業については「出るわ出るわ・・・」と語っておられるのを某誌で拝見しましたので、これからも二の矢三の矢が続々と出てくるんでしょうか。

 報道によると、夢閑歩サービスは、今年4月に解散した「簡保加入者サービス協会」から、食堂などの収益事業を譲り受けていたそうです。年間80億円の売り上げが見込まれており、「10月1日の郵政民営化に向け、公益法人から民間企業に形を変えて官益が温存された形だ」と読売はキビシク論評しています。

 「官益」って、まるで札束が飛び交うようなおどろおどろしいものを想像してしまいますが、ふたつ気になる点があります。
  食堂やら売店ってそんなに儲かる商売でしたっけ? あと、かんぽの宿ってもう廃止される方針が決まっているものではなかったでしょうか? 夢閑歩サービスをアリに例えると、官業の蜜の味に群がるムシたちっていうイメージが湧きますが、数年先には廃止される宿泊施設で、しかも売店やら食堂業務ですか。「官益が温存された」というわりには、ちょっと地味すぎやしませんかネえ。。。





 
 
ホテル・旅館検索はJTB旅の予約センター


かんぽの宿」食堂売店業務6割、郵政OB企業と随意契約http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070918it01.htm?from=top


簡易保険の保険料などを原資に建設され、日本郵政公社が運営している宿泊施設「かんぽの宿」を巡り、旧郵政省OBの元キャリア官僚(66)が社長を務める民間企業が、全国61施設の食堂、売店計122店のうち、約6割の70店の業務を、公社から随意契約で委託されていることがわかった。

 (中略)

 「サービス社は4月、それまで随意契約で協会に委託されていた塩原(栃木県)、修善寺(静岡県)、十勝川(北海道)、美作湯郷(みまさかゆのごう)(岡山県)など「かんぽの宿」13施設の食堂と売店、箱根(神奈川県)、勝浦(千葉県)、一関(岩手県)など35施設の売店、さらに1施設の食堂について、公社から業務委託を受けた。これに先立ち昨年12月、別の2施設を含む7施設で食堂7店、売店1店の業務を委託されたOB企業2社を吸収合併。8店の業務も公社から委託されていた」

 (中略)

 「サービス社は全施設の8割にあたる51施設に参入し、年間売り上げは、食堂計21店で51億円、売店計49店で29億円が見込まれる。売り上げの1~2割が公社、残りがサービス社の収入になる。「かんぽの宿」は施設ごとに食堂と売店が1店ずつあり、他の52店のうち5店は公社直営、47店は別の35社に随意契約で業務委託されている。
 会計法に準じた公社基準では、すべての契約は原則、競争入札。「かんぽの宿」の随意契約について、公社関連事業部は「継続して安定したサービスをお客様に提供するため」と説明し、解散した協会の業務をそっくりOB企業に委託したことについては「業務をスムーズに移行できるよう協会から事業譲渡を受けた企業を選んだ」としている」

 「サービス社は87年、食堂経営などを目的に設立されたが、少なくとも2004、05年度は「かんぽの宿」での委託関係はなかったという。社長には、旧郵政省東京貯金事務センター所長を最後に1991年に退職した元官僚が昨年8月31日に就任。社長は、翌日から協会解散まで協会の会長を兼務していた。役員4人のうち、社長を含む3人が同省OB。今年4月以降、公社退職者12人が再就職している」

(2007年9月18日3時0分 読売新聞)





★他のブログもお楽しみください↓ 
にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/167-bde9d128

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。