スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木造住宅の耐震化促進で産学官連携~福井 

 新潟県中越沖地震や能登半島地震など大地震が日本海側で相次いでいるのを受け、福井県内の産学官が連携して木造住宅耐震化促進を目指す検討会議が5日、発足しました。

 この会議は、福井県木造住宅耐震促進協議会(神谷一則会長)の各加盟団体のメンバーや県職員、学識経験者ら計九人の委員で構成。本年度は診断を受けた住宅などを対象にモデル住宅を選定し、本県特有の重い積雪などにも配慮した補強設計を実施。その結果をパンフレットなどにまとめ、耐震改修工法の提案や研究、技術者の養成につなげていく方針を確認。補強方法の構築に向け、委員からは「建物全体を修繕するのはコストがかかる。全壊を避ける一部改修でも命を守れることを提案すべきではないか」などの意見が出たそうです。



★他のブログもお楽しみください↓ 

にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ




にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ
人気ブログランキング
人気ブログ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/158-d2c59ed8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。