スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の富裕層 150万人超 

(北京週報 日本語版)

中国富裕層、150万人超 リスク・ローンに前向き

米国コンサルタント会社・マッキンゼー社がこのほど発表した個人向け金融サービスに関する最新の調査結果によると、中国の新興富裕層の投資やローンに対する態度は、アジアの先進国・先進地域の富裕層とほぼ変わりがない。年収5万ドル以上の中国富裕層は、香港シンガポール富裕層と同じく、投資リスク引き受けやローン利用に意欲をもっているという。「中国経済時報」が伝えた。
中国富裕層は急速に増加している。増加率は毎年15%を超え、すでに150万人を突破した。
調査は、2007年にアジア12市場の消費者1万3千人を対象に面接方式で行われた。中国では15省・16都市のさまざまな階層の消費者のべ4178人が対象となった。
中国人の多くは依然としてローンを好まず、回答者の51%が「ローンは危険」との見方を示したが、高所得層はローンへの意欲をますます高めている。富裕層の回答者でローンは生活の質を高めるとした人の割合は、中国が31%だったのに対し、香港は17%だった。
中国の富裕層はアジアの先進国・先進地域の同階層の消費者よりも投資リスクを引き受けることへの意欲が高く、富裕層の回答者でハイリスク・ハイリターンを希望するとした人の割合は、中国が41%だったのに対し、香港は37%、シンガポールは24%だった。

「人民網日本語版」2007年9月4日


【JTBの海外ツアー】中国、これが売れてます。


中国の富裕層は290万世帯、39%が3大都市に集中

 マスターカード・インターナショナルのアジア太平洋地区主席経済顧問の王月魂博士は16日、現在中国本土の富裕層の39%が上海、北京、広州の3大都市に集中しており、2015年までにその割合は47%まで上昇するとの調査結果を発表した。王博士は中国本土の富裕層の基準を世帯年収2万5000ドル以上と設定。2005年時点ですでに290万世帯が存在し、その可処分所得は180億ドルに達したが、2015年には850万世帯にまで増加し、同所得は1170億ドルに達すると予測している。

(以上、日中経済通信08月17日)






中国富裕層の最大支出は旅行

中国大陸では家計に余裕がある階層が急速に増えつつあり、この階層の消費における潜在力はかなり大きく、中でも旅行の費用が最も多くなっている。
 アメリカのマスターカードこのほど発表したところによると、昨年、中国大陸の9割以上の富裕層がレジャーと娯楽に費やした支出は平均1万ドルに達し、そのうち、旅行への支出が最も多いという。旅行先は、香港が最も多く、このほか、マカオ、タイ、シンガポール、日本、フランス、ドイツ、イタリアなども人気の旅行先となっている。 国内での旅行では、名所旧跡よりも、景勝地に行く人の数が多いという。

中国情報局ニュース - 2007年8月14日

AB-ROAD

★他のブログもお楽しみください↓ 

にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ




にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ
人気ブログランキング
人気ブログ




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/154-3d5838cc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。