スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「緑化事業」と「噴水」~猛暑対策にヒント 

 朝日新聞の報道によると、北京が五輪誘致の際に国際オリンピック委員会(IOC)からの求めを承諾した7つの緑化プロジェクトが、現時点ですべて実現したそうです。
 東京も、ぜひ真似してほしいですね。



五輪誘致の承諾――7つの緑化事業がすべて実現

2007年08月08日朝日新聞

北京が五輪誘致の際に国際オリンピック委員会(IOC)からの求めを承諾した7つの緑化プロジェクトが、現時点ですべて実現した。国家林業局が7日午前に開いた記者会見で、北京市園林緑化局の強健副局長が明らかにした。


 強健副局長は以下のように説明した。


 緑化建設の目標は主として次の7項目だった。


 ▽市内全域の樹木被覆率を50%に近づける

 ▽山間部の樹木被覆率を70%にする

 ▽都市部の緑化率を40%以上にする

 ▽市内全域で3つの緑化生態保護壁(グリーンベルト)を整備する

 ▽「5つの河川と10の幹線道路」の両側を2万3000ヘクタールの緑地帯にする

 ▽市街地区に1万2000ヘクタールの緑地隔離帯を作る

 ▽市内全域の自然保護区面積を市面積の8%を下回らないようにする。

(以下略)


上海万博、いかにして猛暑を乗り切るか?

エクスプロア中国 - 2007年8月4日

猛烈な暑さとなっている今年の上海の夏。2010年の上海万博でも同じような猛暑となったらどういう対応をするか?上海世博会組委員会では、さまざまなアイデアを考えている。
 まず、検討されているのが噴霧装置を使って気温をさげる方法だ。水の霧を出すことで、気温を5℃ほど下げることができる。さらに、会場内の緑化に力を入れ、黄浦江周辺の住宅密集地に対しても、噴霧装置を使って温度をさげ、万博会場を上海市中心部のなかで最も涼しいエリアにするとしている。
 万博期間中は、7月~9月までの上海で最も暑い時期と重なるため、暑さ対策が万博成功と大きく関係すると見られる。


fountain

噴水は猛暑対策に効果はあるか。。。。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/126-00050868

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。