スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国は対策急げ~炎暑列島、熱中症で18人死亡 

 16日、岐阜県の多治見で午後2時20分に、埼玉県の熊谷では同2時42分に、それぞれ気温40.9度を観測。国内の最高気温の記録を74年ぶりに更新しました。。。





  これはまさに天災です。

  猛暑に見舞われた16日夜から17日にかけて、熱中症が原因とみられる死者が全国で相次ぎました。多くはお年寄りです。気象庁は「こまめに水分補給するなど注意してほしい」と呼び掛けています。

 このような「天災」時、まっさきに被害が及ぶのはいつも高齢者や弱い人たちです。ほんの十数年前までは生活保護世帯はクーラーの購入がまかりならなかった。「クーラーは贅沢品だから」という理由からでした。

  参考→クーラーなしのアパートで老夫婦が死亡~熱中症か? http://akasakagin.blog77.fc2.com/blog-entry-131.html


 私案ですが、省電力タイプのクーラー普及をもっと積極的に政府が後押しできないものでしょうか
 あまり室温を下げる効果は期待できませんが水を使う「冷風扇」を廉価で生活弱者に提供するのも手です。定収入の人向けに半額を政府が補助すればかなり救われる人はいるはずです。

 炎暑のなかで倒れる人が続出する中で、富裕層の人々は軽井沢、那須などへ避暑へ出かけています。

 私事ですが、先日、あまりの暑さに耐えかねて中部の山あいの町へ避難してきました。標高500~700Mなので都心部で連日35度以上のなかで、当地は最高でも30度程度。緑に囲まれていますので日中でも涼しい風が吹き、体感気温は27~28度程度でした。
 朝夕は22度まで下がります。過疎の村ですが快適な時間が過ごせました。

 山あいの過疎の村には土地もたくさんあまっています。
 こういう「天災」対策として、生活弱者を猛暑の暑さから緊急避難させるための施設づくりをしてみるのも良い手ではないでしょうか?

 「炎暑列島」と言われても、「天然クーラー」の地域は日本にたくさんあるのです。過疎地対策や雇用対策にもなります。公共投資でそのような使い方をするのも納税者から喜ばれると思います。
 

森




 こういう対策もいいですね→猛暑和らぐ壁面緑化 http://akasakagin.blog77.fc2.com/blog-entry-127.html

 噴霧器や噴水の設置も即効性がありそうです→上海万博、いかにして猛暑を乗り切るか?http://akasakagin.blog77.fc2.com/blog-entry-126.html


軽井沢、八ヶ岳、那須、伊豆…全国のリゾート物件情報
強いカラダに酵母細胞壁、【酵母グルカン ラクトフェリン配合】



熱中症で18人死亡 観測史上初の連続酷暑

2007/08/18付 西日本新聞朝刊

全国的に厳しい暑さが続く17日、観測史上初めて3日連続して気温40度以上を記録、新たに確認された熱中症が原因とみられる死者は茨城、埼玉、千葉、東京、神奈川、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫の10都府県で計18人に上った。うち70代以上が12人を占めており、記録的な酷暑が高齢者を直撃した格好となった。
 気象庁によると、16日に40・9度の国内最高気温記録を更新した岐阜県の多治見市では17日も40・8度を観測。静岡県の天竜も39・6度に達した。東京都心は17日未明の最低気温が30・5度と観測史上最も暑い「熱帯夜」に。
 一方、16日に熊谷市などで40度以上を記録し5人の死亡が確認された埼玉県では、17日になってさいたま市の女性(84)や川越市の女性(86)ら3人の死亡が新たに判明したほか、美里町の女性(84)ら3人が同日中に亡くなった。
 神戸市では、マンション建設現場で倒れた男性作業員(47)が死亡。千葉県木更津市の女性(65)は自宅で脱水症状を起こし亡くなった。また都内では、渋谷区の都営住宅でいずれも81歳の女性2人が室内で倒れ死亡。三重県では津市で男性(84)が自宅敷地内の畑で倒れ死亡するなど計2人が亡くなった。





国内最高気温74年ぶり更新 40.9度 25地点で過去最高
西日本新聞 - 2007年8月16日

日本列島の猛暑は16日も衰える気配を見せず、岐阜県の多治見で午後2時20分に、埼玉県の熊谷では同2時42分に、それぞれ気温40.9度を観測。国内の最高気温の記録を74年ぶりに更新した。これまでの記録は1933(昭和8)年に山形で観測された40.8度。 
 このほか埼玉県の越谷、群馬県の館林、岐阜県の美濃で40度以上の気温を記録した。
 気象庁は高温の原因について、南米ペルー沖で海面水温が下がり異常気象をもたらすとされる「ラニーニャ現象」などにより太平洋高気圧の勢力が増し、ピークを迎えている上、熊谷では山越えの乾いた熱風が吹き下ろす「フェーン現象」が加わったと分析している。
 16日は多治見と熊谷を含め福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、長野、愛知、岐阜、京都の9府県の計25地点で、その地点での気温の過去最高を記録した。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/125-a1002dac

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。