スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近鉄が大阪・阿倍野に高さ300M、日本一の超高層ビル~横浜ランドマークタワー抜く 

 近畿日本鉄道は8日、大阪市阿倍野区の近鉄百貨店阿倍野本店を建て替え、百貨店ホテル、オフィスなどから成る超高層ビルを建設すると発表しました。

 地上59階地下5階で、高さ約300メートルで、現在トップの横浜ランドマークタワー(横浜市、296メートル)を抜いて日本一の高さのビルとなります。総事業費は700億~900億円。2014年春の完成を目指すということです。

 
低層階には近鉄百貨店が入居。既存の新館部分と合わせた営業面積は約10万平方メートルとなり、松坂屋名古屋店(約8万7000平方メートル)を抜いて国内最大の百貨店となる。中層階には延べ床面積約6万3000平方メートルのオフィス、高層階には客室数400程度の高級ホテルを入居させる計画。近鉄は「国際級ホテルの導入を検討する」としており、外資系との提携も視野に入れているようです。
 大阪中心部では高層ビルを核とした再開発計画が相次いでおり、東京都心や名古屋駅前の高層ビル建設ラッシュが大阪にも及んできた格好です。

 横浜ランドマークタワーの完成が1993年。高さ296メートルの記録を塗り替える物件がなかなか現れませんでした。振り返ると、国内の超高層ビルのさきがけとなった霞が関ビルディング(東京港区)の完成がたしか1968年でした。
 霞が関ビルが36階156メートルですから、およそ二倍の300メートルの高さのビルが誕生するまで約46年かかったということになりますね。



近畿日本鉄道のHPhttp://www.kintetsu.jp/index.html
  
ニュースリリースhttp://www.kintetsu.jp/news/files/abeno20070808.pdf


kinntetsu





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/119-d1d10685

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。