スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

67%が匿名~国家公務員の懲戒免職 

 読売新聞のスクープです。こういう地道な調査報道はとてもいいですね。新聞らしい。他のメディアには真似できないことです。


8月6日3時14分配信 読売新聞

国家公務員の懲戒免職、06年は67%が匿名発表

 事件や不祥事で2006年に懲戒免職処分を受けた各省庁の一般職国家公務員40人のうち、27人が匿名で発表されていたことが、読売新聞の調べで分かった。
 匿名率は67・5%に上り、人事院が懲戒処分の公表指針を作成した以降の04~06年で最も高かった。人事院は今年2月、各省庁に「事案の重大性に応じ、説明責任を果たすべきだ」と伝えており、一部に変化の兆しも出ているが、匿名化の歯止めになるかどうか注目される。
 読売新聞の調べでは、複数の懲戒免職者を出しながら全員匿名だったのは、国土交通省(9人)と厚生労働省(5人)、海上保安庁(2人)。また、計10人以上が、公式発表では所属部署も明かされなかった。
他のブログもお楽しみ下さい↓

人気ブログ


にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ

人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/116-b5893327

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。