スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民党崩落~中川幹事長が辞表 「安部首相は引き続き改革を」 

 安部首相に辞表を提出した中川幹事長は29日夜、民放各社のインタビューで「民意は今回は安部総理退陣を求めたのではない。(内閣改造などで)人心一新してくださいということと、与野党よく話し合って野党から出てくる政策についても受け入れるかどうかを決めろということ」などと述べ、安部首相の責任について否定する立場を示しました。

 中川幹事長はさらに、2年前の郵政総選挙を引き合いに出して「役人天国を変えようということについては野党からは異論は出ていない。あの郵政総選挙で問われた改革路線は変わっていない」と述べ、安部首相は引き続き政権の座にとどまり構造改革路線をすすむべきとの立場を示しました。

 民放番組に出演した評論家の立花隆氏は「自民大敗は小泉政権が事実上(後継)指名した安部首相という人事が原因」との考えを皮肉たっぷりに示しました。年金問題の陰に隠れてはいましたが、今回の参院選の有権者の意思は安部政権で相次いだ政治と金の問題、失言など安部首相が指名した閣僚の不祥事の数々でした。

 もうひとつ忘れてはならないのが、「格差社会」の問題でしょう。
 今回の参院選で地方も回りましたが、安部政権=小泉政権と考えている人が多いこと。構造改革はやはりおかしいのではないか、という気分がかなり蔓延しているのです。民主党の肩を持つわけではありませんが、構造改革と格差は密接にリンクしていることに国民が気がつき始めたのではないでしょうか?

 格差問題に日ごろから不安を抱いていたところに、「年金問題」が火を噴いた→ 相次ぐ閣僚の不祥事 →「いいかげんにしろ。自民党!」
という図式ではないでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin.blog77.fc2.com/tb.php/109-da5b1452

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。