スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御手洗氏への影響は? 東京地検が5人逮捕 キヤノン工事めぐる疑惑 

 キヤノンの大分工場などをめぐる裏金問題がようやく進展がありました。

 東京地検特捜部は9日夜、キヤノンが大分市内に建設した工場などを巡り、同市のコンサルタント会社「大光」などグループ3社が2006年までの3年間に、工事を請け負ったゼネコン「鹿島」などから得た仲介手数料や裏金などを含む計30数億円の所得を隠していた疑いが強まり、一部の脱税工作に関与したコンサルタント会社社長難波英雄容疑者(兵庫県宝塚市)ら5人を法人税法違反(脱税)容疑で逮捕しました。

 特捜部は今後、大光の大賀規久社長(65)についても取り調べる方針を固めています。大賀氏はキヤノンの会長で、現在日本経団連の会長を務める御手洗冨士夫氏と家族ぐるみの付き合いをしていたことで知られています。この捜査がいつまで、どこまで続くかは現時点ではよく分かりませんが、
下手をすると日本の財界トップの責任が問われかねない事態に発展するかもしれません。
 仮にそのような事態になれば、政界は麻生太郎総理が右往左往していますし、経済界までもリーダー不在のきりもみ飛行に陥りかねず、とんでもない状況にあることは事実でしょう。

 なぜ大賀氏がキヤノンの工場など関連工事に強い権限を持つに至ったか。御手洗氏にキックバックはあったのかないのか、が今後の捜査のポイントになるでしょう。特捜部のがんばりに期待したいものです。



裏金問題




スポンサーサイト
続きを読む→FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。