スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連合「賃上げこそが景気対策」 来春闘の基本構想 

47NEWS

連合は23日、東京都内で中央執行委員会を開き、2009年春闘の基本構想を決めた。定期昇給に相当する賃金カーブ維持分に物価上昇分を加えた「ベースアップ(ベア)」を八年ぶりに求めるとともに、非正社員の処遇改善などを目指す。

 要求水準を盛り込んだ基本方針を、12月初めにまとめる。高木剛会長は「物価上昇による賃金の目減りを取り返さなければならない。賃上げこそが最大の景気対策だ」と述べた。

 また構想は、金属産業の賃上げ交渉が全体の交渉をリードする交渉の在り方が限界にきていると指摘。来春闘から「流通・サービス」「交通・運輸」など、業種が近い産業別労組ごとに共闘する連絡会議を設置し、賃上げ相場の形成や連携を図る。

 パートら非正社員の時給引き上げを求める「パート共闘」や中小企業労働者の賃金改善を図る「中小共闘」、残業代割増率の引き上げを目指す「割増共闘」などの共闘は09年春闘でも継続する。



連合8年ぶり「ベア」復活 業績悪化で賃上げ苦戦は必至


MSN産経ニュース 2008.10.29

平成21年春闘をめぐり、労働組合側の連合は29日、定期昇給の維持と物価上昇分に応じたベースアップ(ベア)を求めていく春闘方針を決めた。連合は平成13年春闘以降、「ベア」という言葉を封印し、「賃金改善」という表現を使ってきたが、8年ぶりに復活させた。値上げラッシュなどで物価が上昇し家計を圧迫しており、賃金水準の底上げを目指し強い姿勢で交渉に臨む必要があると判断したためだ。ただ、金融危機による景気後退で企業業績が急速に悪化しており、経営側の財布のひもがきつく締まるのは確実で、例年以上に厳しい交渉となりそうだ。

 連合團野久茂副事務局長は29日の会見で、景気悪化に歯止めをかけるためにも、「消費拡大につながる賃上げが不可欠」と指摘。その上で、来春闘の基本方針として、「定期昇給と物価上昇に見合うベアの獲得を目指す」と強調した。

 ベアを実現するため、連合としては初めて、業種や企業規模ごとに賃金水準を集計した「連合指標」を策定。指標と自社の賃金水準を比較することで、各労組が、春闘での目標を設定しやすくした。
 さらに、各労組が目標設定や交渉について情報交換などを行うための「共闘連絡会議」を新設し、連携の強化も図る。

平成20年春闘は、3年連続の賃上げを実現したが、要求段階から前年並みの要求にとどまる労組が多く、連合の高木剛会長は「全体的な意思統一の仕方について議論をしたい」と総括していた。連絡会議の設置は、労組側の足並みをそろえ、交渉力を高めるのが狙いだ。

 連合は30日の中央討論集会で具体的な議論を始め、12月2日に春闘の闘争方針を正式決定する。

 ただ、企業の業績は平成21年3月期決算の予想の下方修正が相次ぐなど、急速に悪化しており、経営側が賃上げ抑制に動くのは確実。日本経団連は、春闘基本方針となる「経営労働委員会報告」を12月に策定する方針。すでに議論に着手しており、「賃上げは余力のある企業が個別に判断する」という従来の方針を踏襲する見通しだ。

 経営側からは「足元の経営環境を考えれば、賃上げは厳しいところが多くなる」との声が早くも上がっている。

 「ベア」復活を掲げた連合だが、その思惑とは裏腹に、多くの企業が賃上げを見送る「ベアゼロ」に逆戻りしかねない。
スポンサーサイト

Jリート初の破綻 ニューシティ・レジデンス投資法人が民事再生法  

不動産、金融業界ではあってはならない出来事が9日、発生しました。
不動産投資ファンド「Jリート」の一角であるニューシティ・レジデンス投資法人が資金繰りに行き詰まり、民事再生法の適用を申請したのです。

金融庁はこの件に関して「寝耳に水」に近い状況でした。
恐らく、銀行団がリファイナンスに応じなかったのが原因でしょうが、銀行側の責任問題に発展すると思われます。




Jリート初の倒産、ニューシティ・レジデンス投資法人民事再生法を申請

2008年10月9日朝日新聞

 ニューシティ・レジデンス投資法人(東京都港区六本木1-10-6)は10日9日、東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。負債総額は約1,123億6,500万円。Jリートの倒産は初となる。

 同社は04年9月に、シービー・リチャード・エリス・インベスターズなどが、日本での不動産投資信託事業を目的に設立した不動産投資法人。同年12月に東京証券取引所不動産投資信託証券市場に上場した。

 しかし、サブプライムローン問題に端を発した金融市場の混乱及び信用収縮などにより、今年10月末までに取得資産の決済資金と返済期限の到来する借入金の返済資金のめどが立たない状況となった。

消費者受難? クリーニング店が客に延滞保管料8000円を請求 

先日、赤坂5丁目の交番近くのクリーニング店「フルール」でトンデモ騒動を目撃しました。

http://www.cl-fleur.com/shop.html


 店に入ると長い列が出来ているので先頭に目をやると、40代男性と店側がなにやら口論。
聴けば、洋服二点を取りに来るのを忘れて半年間も預けっぱなしにしていたという男性に、
フルール側が8000円もの保管料請求トラブルになっているようでした。

男性:「忘れていたのは悪いが、一度も取りに来てくれとの連絡も来なかった」
店側:「連絡はしません」
男性:「それで、8000円も請求するのか?」
店側:「そう約款に書いてあります
男性:「約款なんて一度も読んでいないよ」
店側:「うちではそういうルールでやっています。再三お客様に説明しているはずですが」
男性:「説明も何も。そんな法外な保管料を取るなんて店、聴いたこともない」

このやりとりに、列を作る客もうんざり。

たまらず、50代の女性が声を上げました。

「消費者だって守らなきゃいけないルールってものがある。あなたが悪いっ」


・・・・不良顧客対策に頭を悩ますクリーニング店がついに攻勢に打って出た、という構図なのでしょうが、8000円の延滞請求とはちょっとやりすぎのような気はします。消費者保護の観点や法的には問題ないのでしょうか。


赤坂駅前店fleur
http://www.929.net/index.html


フルール






フルール側の主張する「約款」とは以下のような内容です。HPにアップされていました。↓

続きを読む→FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。