スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顔認証たばこ自販機に死角 悪知恵の少年が顔を変形して購入 

おもしろいニュースをみつけました。毎日新聞地方版の報道です。


顔認証たばこ自販機少年、顔しかめ購入--喜多方 /福島

 喜多方市内で今月中旬、たばこを持っていたとして喜多方署に補導された同市の無職の少年(17)が、顔認識機能付き自販機たばこ購入したと話していることが26日、分かった。

 県警少年課などによると、少年は顔をしかめるようにして機械に顔を認識させ、購入したとみられる。8月に補導された別の少年数人も同様の手段で、たばこ購入したと話しているという。

 県たばこ販売協同組合連合会によると、顔認識機能付き自販機は今年7月に財務省から認可を受け、県内に約150台が設置されている。雑誌の顔写真などで購入できる場合もあり、同連合会も今月、問題点を指摘する意見書を財務省に提出したという。一重靖夫会長は「60歳の男性が丸刈りのため、子供と判断されて買えなかったという話を聞いた。顔認証機能の精度に疑問がある」と話した。【神保圭作】

毎日新聞 2008年9月27日 地方版

スポンサーサイト
続きを読む→FC2 Blog Ranking

AIG、エジソン生命とスター生命の売却検討 

 日経新聞の27日の報道によりますと、米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)が日本のAIGエジソン生命保険とAIGスター生命保険の売却を検討していることが明らかになったということです。AIGのエドワード・リディ会長兼最高経営責任者(CEO)は23日に、米メディアのインタビューに答え「今後7―10日以内に、売却するすべての資産リストを準備する」と語っていました。


AIGエジソン生命スター生命売却検討

米保険最大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)が経営再建策の一環で、日本のAIGエジソン生命保険とAIGスター生命保険の売却を検討していることが26日、明らかになった。両社の2007年度の保険料収入は合計で6000億円超。米金融危機が国内生保の再編につながる可能性が出てきた。

 2社自体は経営が悪化しているわけではなく、売却されても保険の契約はそのまま引き継がれる見通しだ。
続きを読む→FC2 Blog Ranking

生活保護世帯、過去最多の110万世帯に 2007年度 

 ついに、生活保護世帯が110万世帯を突破しました。

 26日に公表された厚生労働省の社会福祉行政業務報告によると、2007年度に生活保護を受けた世帯数が、前年度比2・7%増の110万5275世帯と、過去最高を更新したそうです。人口に占める受給者(保護率)は1・21%で昨年度の1・18%を上回りました。

 最も多かったのは65歳以上の高齢者世帯で、49万7665世帯(前年度比5%増)と全体の45%を占めました。障害者・傷病者世帯は40万1088世帯(同0・9%増)、母子世帯は9万2910世帯(同0・3%増)。また、生活保護を受給する際の主な理由は「傷病」が最多の43%。経済的事情は計39%でした。同省は「高齢化の影響で低所得層が増えたのが原因」と分析しています。


 07年9月中の保護開始の主な理由を構成割合でみると、「傷病による」が43.1%と最も多く、次いで「働きによる収入の減少・喪失」が18.2%、「貯金等の減少・喪失」が16.4%となっています。

厚労省社会福祉行政業務報告結果の概況

「流血の日曜日」 米リーマン・ブラザーズが経営破たん 

 サブプライムローン問題に端を発した米金融危機がついに重大な局面を迎えました。米メディアは「流血の日曜日」と報じました。

 15日、経営難に陥っていた米証券4位のリーマン・ブラザーズが日本の民事再生法にあたる連邦破産法11条適用を申請すると発表、事実上破綻しました。
 一方、リーマン救済を模索していました米銀2位のバンク・オブ・アメリカ(バンカメ)は同日、証券3位のメリルリンチを500億ドル(約5・3兆円)で買収すると発表しました。「危篤で史を待つ患者より、重症患者を救うほうが得策」と判断したわけです。
 事態はさらに深刻です。米保険首位のアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)も経営不安が広がり、FRB(米連邦準備制度理事会)に400億ドル(約4・2兆円)の融資を要請したことが表面化しました。


「悪影響を最小限にするために注力」 リーマン破綻で米大統領

9/16日本経済新聞

【ワシントン=大隅隆】ブッシュ米大統領は15日、リーマン・ブラザース破綻など動揺が広がる金融市場について「ホワイトハウスは、混乱を軽減し、経済に与える悪影響を最小限にするために注力している」と語った。
 同大統領は「先週末から今朝までポールソン財務長官と協議してきた。財務省、連邦準備理事会(FRB)、証券取引委員会(SEC)などが市場の安定に向け注力していることを感謝する」と発言。「金融市場の調整は短期的には痛みを伴うが、長期的に見れば、米金融市場は柔軟性に富み回復力がある」と指摘した。(04:34)
続きを読む→FC2 Blog Ranking

福田首相が緊急会見 退陣か? 

午後9時30分から福田首相緊急の記者会見を開くそうです。退陣を表明する可能性が濃厚です

「崖の上のポニョ」観てきました 日本中の子供たちに観せたいですね 

ponyo-1.jpg


 「生まれてきてよかった」がキャッチコピーの、宮崎駿監督の新作映画「崖(がけ)の上のポニョ」を自宅の近くの映画館で観て来ました。

 上映時間は110分ほど。「子供向けかな」との予想は見事に裏切られ、大人でも十分楽しめる作品でした。日本中の子供たちに観せたいと思いました。今回は思想性とか宇宙観など難しい話は一切無し、単純にスクリーンを見て楽しむ。それだけです。観賞後、とても楽しい余韻が残るーそれでいいじゃないですか。宮崎監督は意図的にエンターテインメントの原点に戻られた、そんな気がします。

 アンデルセンの「人魚姫」をモチーフとしていますが、物語の舞台は現代の日本。宮崎監督が二か月一人で一軒家を借りきって構想を練った瀬戸内の漁港、広島県福山市の鞆の浦をヒントにしているようです。東海や関東で悲惨な水害が起きたばかりですが、作品中でも後段で街中が水没するシーンになるのですが、悲惨さはありません。ウミウシがリアルでした。

 宮崎さんの作品に共通する力強い女性像は今回も宗介の母、リサに現れていて、海辺のくねった道路を見事な運転テクニックを魅せるシーンや、巨大な買い物を引き摺るワーキングマザーのたくましさ。職場はデイケアサービスセンター「ひまわりの家」。大津波がやってきたときも街の灯で職場の様子を心配し、車で単身様子を見に行く正義感。

 エンディングでは思わず拍手してしまいました。ぜひみなさんも一度見に行かれてみては。 

 
続きを読む→FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。