スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日新聞社の月刊誌「論座」休刊へ 

出版不況が深刻化するなか、朝日新聞月刊誌論座」が9月1日発売の10月号で休刊することになりました。朝日新聞社が15日発表しました。
同社は休刊の理由を「メディアが多様化する中、言論発信誌として一定の役割を果たした」としています。前身の「月刊Asahi」が1989年5月に創刊。一時休刊を経て95年3月に「Ronza」として再開。97年に現在の「論座」に改めた。発行部数はピーク時の95年約3万7000部から、約2万部に減少していました。
スポンサーサイト
続きを読む→FC2 Blog Ranking

毎日新聞に広告自粛の動き 

すこし嫌な展開です。

英文毎日の卑猥記事配信の問題に関連し、2ちゃんねるやブログなどで抗議活動が広がり、広告のスポンサーが掲載を取りやめる動きが出ているようです。第二の西山事件に発展しなければ、と懸念するのは私だけではないでしょう。

大手広告会社に勤める友人に聴いたところ「一部で広告出稿を取りやめる動きがあるが、今のところ一部にとどまっている」とのことでした。

今回の騒動を振り返ると、毎日新聞社の対応がまずかったのが根本原因ですが、日本人に対する誤ったイメージをインターネットを通じて世界中にばらまいたことに対してネット住人に多い一部の偏狭なナショナリストたちの自尊心を大きく刺激してしまったことが騒ぎをいっそう広げているように思います。

毎日新聞社の業績は低迷していると聞きますし、弱り目に祟り目とはまさにこのことを言うのでしょうね。ただ過剰な毎日バッシングは、新聞業界の勢力地図からすると読売新聞や朝日新聞をいっそう利するだけだと思うのですが。

 参考:英文毎日配信ニュースのお下劣な中身 毎日新聞社が関係者を処分http://akasakagin.blog77.fc2.com/blog-category-37.html#entry365


☆他のブログもお楽しみください↓

にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ

人気ブログランキング

人気ブログ




続きを読む→FC2 Blog Ranking

真柄建設が民再法申請 負債348億円 

 経営に行き詰まる会社が相次いでいる建設不動産業界で、また新たな破綻が表面化しました。

 ゼネコン中堅、真柄建設が5日、大阪地裁に民事再生法の適用を申請したと発表しました。負債総額は約348億円。同社は昨年12月に過去の不適切な会計処理が発覚。銀行主導での中期計画をまとめ新体制に移行したばかりだったが、6月末に取引先が倒産し資金繰りが悪化したため法的整理を選んだそうです。


真柄建設:民事再生手続きを開始 負債総額348億円

毎日新聞

 東証・大証1部上場の中堅ゼネコン、真柄建設(金沢市)は5日、民事再生手続き開始を大阪地裁に申し立て、受理されたと発表した。大阪地裁は同日、保全処分命令を出した。負債総額は約348億円。

 同社は1907年創業。昨年12月、大阪支店が手がけた建築工事などで、完成工事の原価を別の未完成工事に付け替えて利益をかさ上げするなど不正な会計処理が判明。多額の損失処理が必要になり、赤字決算に陥った。

 今月3日には、証券取引等監視委員会が有価証券報告書の虚偽記載などを理由に、2500万円の課徴金納付を命じるよう金融庁に勧告していた。同社は、取引先の倒産などから資金繰りがつかなくなったとして、自力再建を断念した。

 
☆他のブログもお楽しみください↓

にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ

人気ブログランキング

人気ブログ




続きを読む→FC2 Blog Ranking

「行方不明の日本」 英紙フィナンシャル・タイムズ サミット控え辛口批評 

7月5日8時0分配信 産経新聞

7日から始まる主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)を前に、4日付英紙フィナンシャル・タイムズ(アジア版)は、「行方不明の日本 姿が見えないサミット主催国」との見出しの辛口論評を掲載した。

 論評は「日本は世界で2番目に強力な経済を持ちながら、政治的には姿を見せていないも同然だ」とし、「サミット主催者の福田康夫(首相)はベルリンからブエノスアイレスまで(新聞の)1面に登場するだろう。それが閉幕したとき、日本は影の中に戻っていきかねない」と警告した。

 論評は「台頭する大国、成熟した大国とも、各国政府はかつてなく時間をかけて、地政学的展望を探し求めるべく占いの水晶玉に見入っている」とし、そうした取り組みにおける日本の不在を指摘し、「そればかりか、新しい秩序における日本の地位は滅多に、仲間の国々からの言及にすら値しない」と断じている。

 論評は、世界の力の均衡が急速に変化しつつあるとし、「アジアの世紀とは中国とインドのことだ」と、日本に代わって両国が台頭してきたと言明している。

 日本の影響力低下の背景として、「(バブル経済)崩壊が日本の政治家の自信を奪ったこととソ連崩壊が日本の地政学的位置付けをぬりかえたこと」を挙げ、その結果、第二次大戦後、米国にとり「西側の一員だった日本」の重要性が低下したところに、中国の飛躍的成長が重なったと見る。

 論評は「日本の最大の利益は、規範に基づく国際秩序を強化、拡大して、中国などの新興国を組み入れることにあると思う。何にも増して、世界のこの地域は強固な相互安保体制を必要とする」などと、日本の将来の選択肢も提示、「羅針盤なき国家」からの脱却へ向けた決断を促している。
続きを読む→FC2 Blog Ranking

ことしも炎暑列島が心配~熱中症で90歳男性死亡 奈良 

昨年の酷暑は辛かったですが、ことしの夏も大変なのでしょうか?
世界的な資源高で電気代の先高感がありますし、クーラーなど冷房器具の運転費用による家計への負担も心配です。

奈良県防災統括室の5日の発表によりますと、同県大和郡山市内の男性(90)が熱中症死亡したそうです。同室などによると、4日午後10時50分ごろ、男性の家族から119番通報があり、郡山消防署員が駆けつけたところ、自宅2階の寝室ですでに死亡していたそうです。
「昼間に熱中症のような症状になり、しんどくて歩けなくなった」と家族は話しているそうです。

 奈良地方気象台によると、4日の最高気温は、同市に隣接する奈良市内で31・7度を観測し、今シーズン2番目の高さでした。


都心で今年初の真夏日、20人手当て受ける

7月4日20時4分配信 読売新聞

 日本列島は4日、西日本から関東南部の広い範囲で晴れ間が広がり、東京都心部では今年初の真夏日となった。
 気象庁によると、東京・大手町で最高気温31・6度を記録。渋谷では久しぶりの強い日差しをよけようと、日傘をかざす女性の姿が目立った。
 そのほか、埼玉県熊谷市で33・5度、山梨県大月市で32・7度を記録するなど、各地で今年一番の暑さとなり、都内で20~80歳代の男女13人が熱中症とみられる症状を訴えて病院に搬送されたほか、埼玉、群馬、栃木県で計7人が手当てを受けた。
 また同庁は同日、「四国地方が梅雨明けしたと見られる」と発表した。昨年より19日、平年より13日早かった。

続きを読む→FC2 Blog Ranking

アジサイを食べてはいけません 

綺麗なものにはがある。美しいものには棘がある。

梅雨の季節に映えるアジサイですが、6月13日、茨城県つくば市内の飲食店で、料理に添えられた装飾用の「アジサイの葉」を食べたグループ8人が嘔吐、吐き気、めまい等の症状を訴えました。また、6月26日には、大阪市内の飲食店で、料理に添えられた装飾用の「アジサイの葉」を喫食したひとが、喫食40分後から嘔吐、顔面紅潮等の症状を呈したということです。

 意外に知られていないことですが、アジサイの葉などには青酸配糖体が含まれ、体内で消化等により青酸配糖体と酵素が反応し、遊離した青酸(HCN)によって嘔吐、失神、昏睡等の中毒症状を起こすことで知られています。

アジサイは危険につき、食べてはなりません。


厚生労働省医薬食品局 アジサイの喫食による青酸食中毒について


ajisai
続きを読む→FC2 Blog Ranking

中小デベロッパーに経営破綻相次ぐ 

 スルガコーポレーション以降、不動産・建設業界の大型破綻は鳴りを潜めてはいますが、中小業者ではいくつか破綻が出てきています。6月30日には東京のケイ・エス・シーほか三社の破綻が明らかになりました。

 帝国データバンクの大型倒産速報によりますと、中堅マンションディベロッパーのケイ・エス・シー(中央区八丁堀、従業員50名)が6月30日に東京地裁へ自己破産を申請しました。負債は約100億円の見通しということです。また、同じ不動産デベロッパーでは福岡県の(株)インベスト(福岡市中央区、従業員53名)が同日、福岡地裁に会社更生法の適用を申請。グループ3社合計で負債は約98億円。愛知県の愛松建設(稲沢市、従業員82名)も同日、名古屋地裁へ民事再生法の適用を申請しました。負債は約150億円。

 帝国データによりますとケイ・エス・シーは「1988年(昭和63年)3月設立の分譲マンション企画・開発、販売会社。首都圏全域で、一次取得者層向けにファミリータイプの「カインドステージ」シリーズを自社ブランドで展開するほか、他社分譲マンションの販売代理も行い、2005年6月期の年売上高は約55億2000万円を計上していた。ワンルームマンションの一棟売りや戸建住宅の分譲にも進出し、2007年6月期の年売上高は約41億3600万円を計上していたが、事業資金を借入金に依存していたため、不動産市況の低迷に伴う在庫負担が重荷となっていた。金融機関の当業界への与信も厳しくなり、資金繰りは急速に悪化、今回の措置となった」といいます。

 私の知るかぎり、ケイ・エス・シーは最近は群馬県や埼玉県などでいちおう首都圏の駅近にマンションを展開していましたが、大手とは違って都心から一時間以遠の郊外物件が多く、増え続ける在庫の処理に苦労していたようです。一棟のうち2-3割しか売れていないような物件もあったそうです。

 昨年春ごろまでの2-3年はこの業界はこの世の春を謳歌していましたが、これだけ冷え込みが厳しくなるとやはり資力のない新興ディベロッパーや中小業者は体力勝負には勝てないと言うことでしょうか。これから経営破綻が続出するのが心配です。



☆他のブログもお楽しみください↓

にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ

人気ブログランキング

人気ブログ




続きを読む→FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。