スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトバンクが米アップルの携帯電話「iPhone」を発売へ 

 米アップルは最大手のドコモより、勢いのあるソフトバンクを選んだようです。

 ソフトバンクモバイルがさきほど、米アップル社と契約を締結し、年内に日本で携帯電話iPhone(アイフォーン)」を発売すると発表しました。
 
 アイフォーンは、、「iPod(アイポッド)」の音楽プレーヤー機能や、インターネットに接続する情報端末機能を併せ持つ携帯電話。大画面にふれて操作するタッチパネル方式で操作の快適さや音楽・動画の再生機能が人気を呼んでいます。2007年6月に米国で発売されると、9月末までに140万台が売れるなど記録的な売れ行き。その後、英国やドイツ、フランスでも順次発売され、アップルでは2008年に1000万台の販売を見込んでいるものです。


 国内キャリアの選定をめぐってはソフトバンクモバイルとNTTドコモが激しく競り合っていた背景があり、
知り合いの通信業界担当の記者によると「業界ではことし最大の話題になる」ということです。 



6月4日15時57分配信 RBB TODAY


4日、ソフトバンクが日本国内におけるiPhoneの販売について米Appleと契約したとの発表を受けてNTTドコモは次のようにコメントした。

 「iPhoneはアップルファンに訴求できる魅力的な商品なので、今回の発表は残念に思います。今後の対応を検討していきたい。」


■他のブログもお楽しみください↓

にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ
人気ブログランキング
人気ブログ



スポンサーサイト

米MS、ヤフーの買収交渉が決裂 

 米マイクロソフトMS)は3日、インターネット検索2位米ヤフーに対する買収提案を撤回すると発表しました。注目されていた買収劇ですが、結局ヤフー側が買収価格の吊り上げを狙ってゴネていたらMS側が降りてしまった格好です。

 MSは当初示した446億ドル(約4兆7000億円)の買収金額を50億ドル引き上げましたが、ヤフーとの溝は埋まらず、3か月に渡る交渉は決裂しました。MSが2月に発表した買収提案は、ヤフー株を1株当たり31ドルで買い取る案でした。その後、33ドルへ2ドル上積みして調整を図りましたが、ヤフー側は37ドル以上を求めていました。米ネット検索市場で3位のMSは2位のヤフーと手を組むことで、圧倒的な首位を誇るグーグルを追撃する狙いでしたが、交渉決裂で戦略の見直しを迫られそうです。

  
続きを読む→FC2 Blog Ranking

爆笑~変換ミス賞 

 ことしの変換ミスのトップは「馬食い家内が象サイズになった」。(正:うまくいかない画像サイズになった)

 日本漢字能力検定協会は15日、パソコンや携帯電話の文字変換で生まれる秀逸な漢字変換ミスを集めたコンテスト結果を発表しました。

 応募総数2835作品のうち、人気の高い22作品をHPで公開し、投票で年間賞を決定したものです。1位の「馬食い…」は、サイズが大きい画像の取り込みに苦労した際の変換ミスとのエピソードつきで、応募者は「馬のように食う家内が象になってしまいました」とコメント。


 私的には、一番おもしろかったのが


 5位の「誤:何か父さん臭い時がある」→(正:何かと胡散臭い時がある)

 ・・・・年頃の娘の冷たい視線を感じます。


 6位の「誤:胸囲ないもんね。ゴメン~!」→(正:今日居ないもんね。ゴメン~!)
 ・・・・ 洗濯板女史の開き直り?


 7位の「誤:老いて枯れた感じだ」→(正:置いてかれた感じだ)
 ・・・ たそがれの定年間近オヤジの嘆きか?


 21位の「誤:口臭か胃の出血を確認してください」
      →(正:講習会の出欠を確認してください)

  ・・・・毎回気になる定期健診?


 13位の「誤:新宿は謎の郵便局」→正:新宿花園郵便局
  ・・・・よくみる変換ミス。これミスだったのね。


「わかりやすい」が一番!アイディーオー証券のインターネット取引
祝・ご結婚♪ふたりの新居探しは「HomePLAZA」におまかせ
セカンドライフ海外旅行特集

■他のブログもお楽しみください↓

にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ
人気ブログランキング
人気ブログ


2ちゃんねるにアクセス制限~大企業の約8割、 

大企業の約8割、2ちゃんねるにアクセス制限

2月14日20時12分配信 ITmedia

 ネットスターは2月14日、大企業のシステム管理者を対象とした「組織でのインターネット管理実態調査」の結果を発表した。
アクセス制限を行う対象として、掲示板サイト「2ちゃんねる」や「アダルト系ブログ」と回答したのは約8割、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の「mixi」が5割以上となった。
 持ち出しPCについて、情報漏えいを懸念するのは9割を超えたが、半数以上は具体的な対策を講じていないと回答した。「インストールしたソフトウェアをユーザーが勝手に利用停止するかもしれない」「持ち出しPCへのソフトウェアのインストールが面倒」などが理由に挙がった。
 システム管理者の負担について、「ログ分析」と回答したのは6割以上と最多。「トラブル時の状況分析や該当者探し」が5割となった。
 調査は従業員1000人以上の企業でURLフィルタリングを導入している企業のシステム管理者を対象とした。有効回答数は515件。

↓他のブログもお楽しみください↓

人気ブログ


エイビーロード
連休の旅行は決まりましたか? 【るるぶトラベル】で宿・ホテル検索

Google支配への焦り?~マイクロソフト、米ヤフーに買収提案の裏側  

前回の轍は踏まない、という自信からでしょうか?

マイクロソフトMS)が1日、米ヤフー買収提案しました。買収額は446億ドル(約4兆7500億円)。MSは2006年から07年にかけヤフー買収提案を行った経緯がありますが、ヤフー側に拒否され、そのときは不発に終わっていました。

MSの今回の買収提案は、ソフトウエア企業としては最大手ですが、ネット広告の分野ではグーグルに大きく後れを取っているMSの挽回策という側面からの動機づけが妥当でしょう。ヤフーもネット検索のシェア低下により減益が続く中、昨年トップが交代。今週の決算発表では従業員の削減を打ち出すなど、業績の低迷が続いていました。

 インターネット検索に連動した広告の分野では、グーグルは世界の検索エンジン市場での60%を超える市場占有率(シェア)を背景に「独り勝ち」状態になっています。さらにグーグルは、ネット広告代理店大手のダブルクリック社を買収するなど勢いを増しています。

 MSの苦境は直近の決算に表れています。2007年10~12月期決算におけるオンラインサービスの売上高は前年同期比38%増の8億6300万ドル。これに対し、グーグルの10~12月期決算の売上高48億2668万ドル(前年同期比51%増)と、差は歴然です。

 グーグルは2007年5月にディスプレイ広告(バナー広告)大手の米Double Clickを買収。(※米ダブルクリックを31億ドルで買収~米グーグル )これに対抗する形でMSは同じくディスプレイ広告に強い米aQuantiveを60億ドルで買収しました。圧倒的なグーグルに対抗するためには、MSとしては多少無理してもヤフーを買収せざるを得なくなった、というのが実情なのでしょう。

ホスティングサービスWebARENA
@WORD 広告のない無料ブログ作成レンタルサービス
SNSとBlogを一緒に - @FlaBo


 01日 23:02 日本経済新聞
【シリコンバレー=村山恵一】米マイクロソフトMS)は1日、米ヤフーに買収を提案したと発表した。買収額は446億ドル(約4兆7500億円)。両社のネット事業の売上高を合計すると年間94億ドルに達し、グーグルの売り上げの6割程度に迫る。世界最大のソフトウエア会社であるMSとインターネットサービスの草分けであるヤフーの経営統合が実現すれば、ネットを中核とするIT(情報技術)業界の勢力図が大きく塗り替わる可能性が高い。
 ヤフー買収は、MSのスティーブ・バルマー最高経営責任者(CEO)がヤフー取締役会に書簡を送り提案した。MSは現金と株式を組み合わせてヤフー株1株を31ドルで取得する。この金額は1月31日のヤフー株の終値を62%上回る。 ヤフーは1日、「取締役会は提案について慎重かつ迅速に検討する」とのコメントを発表した。同日の米株式市場でヤフー株は一時、前日比50%以上急騰した。




続きを読む→FC2 Blog Ranking

2010年、インターネット回線がパンクする?~処理能力が限界に 

 ちょっとショッキングなお話です。

 11月21日のITmediaニュースによりますと、「2010年までに、インターネットの利用が処理能力を追い越す」という調査結果を米国の調査会社Nemertes Research社が19日発表しました。

 インターネットの「高速道路」に相当する光ファイバーやスイッチ・ルータなどの能力は今後も順調に拡大するのに対し、「一般道」にあたるネットアクセスのインフラが増え続けるトラフィックをサポートできない状態になるのだということです。

 これに対応するために増設しなければならないインフラ投資額は、北米では420億~550億ドル(日本円換算で4兆6200億円~6兆500億円)にも達するのだそうで、世界全体では1370億ドル(同約15兆円)規模の投資が必要と、試算しています。

 一体、こんな途方もない金を誰が負担するのでしょうか。

 つまり一般道路が混雑しすぎて、インターネットの利用時にダウンロードに長い時間を要したりする事態がすぐそこに来ている、とのお話です。

 処理能力不足が深刻化する原因は、ストリーミング/インタラクティブ・ビデオ、P2Pのファイル転送、そして楽曲ダウンロードといったWebアプリケーションへの需要が急増するとみられているからです。Webコンテンツが爆発的に増加した原因はビデオでした。


 ただちにネットが使用不能に陥るわけではありませんが、安価に、しかも速く、インターネットが利用できた時代は終焉を迎えることになるのかもしれません。



続きを読む→FC2 Blog Ranking

mixiが大幅な増収増益 9月中間決算 モバイルがPC上回る 

 ミクシィが9日に発表した2007年9月中間期決算は好調な広告事業の伸びに支えられ、大幅増収増益を記録しました。広告売上高は36億4000万円と前年同期比2.2倍です。

 携帯電話向けの「mixiモバイル」がPC向けページビューを上回り、携帯向け広告が大きく伸びたためです。9月末時点のユーザー数は7月末より160万多い1240万人となりました。

 売上高は前年同期比2.4倍の46億2000万円、営業利益は2.1倍の18億1300万円、経常利益は2.1倍の18億2100万円、純利益は2.2倍の9億8200万円。





続きを読む→FC2 Blog Ranking

ドコモ、家族内で最も長い利用年数が全員に適用される新割引サービス 

NTTドコモは22日、新割引サービス「ファミ割MAX」と「ひとりでも割引」をはじめました。サービスの提供開始は「ひとりでも割引」が22日、「ファミ割MAX」が9月1日。

「ファミ割MAX」は「ファミリー割引」を契約している同一家族内で、最も継続利用期間の長いユーザーの契約期間に応じた割引率が、最長契約者以外のユーザーにも適用されるサービス。2年間同一回線の継続利用を条件に申し込むことができる。同サービスはファミリー割引契約者が対象だが、契約は家族単位でなく個人単位となる。


たとえば、継続利用歴が父11年目(50%割引)、母5年目(43%割引)、子1年目(35%割引)の家族で、母と子がファミ割MAXに申し込んだ場合、利用歴が最も長い父の割引率(50%)が母、子にも適用される。


他のブログもお楽しみ下さい↓

人気ブログ





米ダブルクリックを31億ドルで買収~米グーグル 

グーグルが14日(現地時間)、インターネット広告大手の米ダブルクリックを31億ドルで買収することに合意したと発表しました。買収金額は日本円換算で約3600億円余になります。同社は昨年10月にYouTubeを16億5000万ドルで買収しましたが、今回はそれを上回る規模での買収となりました。







グーグルネット広告大手・米ダブルクリック買収

4月14日11時7分配信 読売新聞
 インターネット検索最大手の米グーグルは13日、米ネット広告サービス大手のダブルクリック買収することで合意したと発表した。
 買収額は31億ドル(約3700億円)で、昨年の米動画投稿サイト大手ユーチューブ買収(16・5億ドル)を大きく上回り、グーグルにとって最大の買収案件となる。
 グーグルは、米投資会社ヘルマン・アンド・フリードマンなどダブルクリックの株主から全株式を年内に現金で買い取る。
 ダブルクリックは1996年に創業され、ウェブサイトの一角に貼り付ける「ディスプレー広告」の配信・管理業務が得意だ。一方、グーグルは検索キーワードに関連した「検索連動型広告」が得意で、買収によってディスプレー広告分野を強化する。ダブルクリックが持つ広告代理店や大口広告主との取引関係をグーグルの広告収入拡大に役立てる考えだ。

他のブログもお楽しみ下さい↓

人気ブログ

続きを読む→FC2 Blog Ranking

ネットの力?4年前の事件がわずか一日で解決 

 MYCOMジャーナルが3月15日に配信した記事が面白い。


 地下鉄の暴行犯がインターネットの力で4年ぶりに検挙されるという事件が、韓国で起こったそうだ。事件は2003年5月頃、地下鉄の電車内でおきた。被害者の27歳女性の向かい側に座っていた2人の男が女性を「足が太い」などとと中傷。周辺にいる人まで巻き込みこの女性を笑いものにした。

 耐えかねた女性は2人に謝罪を要求。しかし2人は「聞こえない」と知らんぷり。かっとなった女性が手にしていた花束を投げつけると、男がこぶしで殴ったたうえ蹴り飛ばすなどの暴力行為に及んだ。

 女性は、事件当日に携帯電話で撮った2人の写真を送るなどして警察に被害を訴えたものの相手にしてはもらえなかったという。

 その後もあらゆる手段を講じて犯人をつかまえてほしいと訴え続けた女性がやっと報われるときがきた。それはインターネットへの書き込みだった。署名運動や社会問題を討論するポータルサイトで、文章を書いた日から8日が経過した時点で23万件を超えるコメントがついたというからものすごい反響だ。 さらにマスコミがこの騒動を報道すると、事件は社会的に広く知られるところとなったという。警察のサイトにも抗議が殺到。とうとう本格的な捜査に乗り出した。
 結局、犯人の2人は捜査開始からわずか1日で検挙されることとなったということだ。
 



 世界でトップクラスのインターネット普及率を誇る韓国ならではのお話ですね。

■他のブログもお楽しみください↓

にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ
人気ブログランキング
人気ブログ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。