スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯基地局撤去へ 住民「健康被害」、ドコモは認めず 

 「健康」を理由に稼働中の携帯電話基地局撤去されるのは全国初だそうです。

 電磁波の影響として耳鳴りや頭痛など、住民から体調不良の訴えが相次いでいた川西市内の携帯電話基地局の扱いについて、NTTドコモ関西が17日、住民に対し来年6月までに基地局撤去する方針を示したそうです。

 ただ、ドコモ健康被害との因果関係は認めておらず、地権者である阪急バスからの賃貸契約解除の申し入れを検討、判断したそうです。住民ドコモ基地局の稼働停止などを求める調停を大阪簡裁に申し立てていましたが、撤去方針を受け同日、取り下げました。

 総務省によれば既設の携帯電話基地局撤去は、法律や条例違反など以外では初めて、ということです。基地局をめぐっては、各地で電磁波への不安から住民が設置に反対したり、撤去を求めたりするケースが相次いでおり、影響を与えそうです。






スポンサーサイト
続きを読む→FC2 Blog Ranking

NTTドコモが一挙に23機種を発表~シェア奪回なるか? 

 驚愕。一挙に23機種の発表でした。嗚呼、発売日の26日が待ち遠しい~。

 NTTドコモが1日、東京都港区内のホテルで報道発表会を開き、今月26日から年明けにかけて順次発売する予定の携帯電話の新機種23機種を発表しました。

 1年前の番号ポータビリティー制度の導入以来、KDDIやソフトバンクモバイルにシェアを喰われ「ひとり負け」が続いているドコモですが、失地回復はできるのでしょうか? 今月から順次始まる新料金体系と合わせ、ことしの冬商戦は熱いものになりそうです。

 ドコモが発表した新製品は26日から順次発売する上位機種「905i」シリーズ10機種と、来年1月以降に販売する普及機種「705i」シリーズ13機種。全機種で通信速度を従来の10倍にあたる毎秒3.6メガ(1メガは100万)ビットに高めた905iでは、ワンセグや国際ローミングの機能も標準装備したのが特長だ。「高速」「ワンセグ」「国際対応」などを売り物に、KDDIやソフトバンクに対抗するという意思が感じられます。デザイン性を重視した普及型の「705i」シリーズ13機種も、従来は年始に行っていた発表時期を前倒しして同時発表しました。厚さが1センチを切る端末など、9シリーズより機能を絞ってコンパクトでお洒落な端末に仕上げています。

 9シリーズは26日から順次投入し、販売価格は5万円前後になる見通し。7シリーズは来年1月以降に発売する予定です。

 個別の機種については後日、店頭でゆっくり見て頂ければ分かりますが、わたしが最も注目したのは「Wオープンスタイルで快適なワンセグ視聴が可能なVIERAケータイ」をうたい文句にしたP905iですね。カメラの画素数が500万画素を超え、普通のデジカメとなんら遜色ないうえ、ワンセグ視聴も便利な形です。欲を言えばカラーバリエーションをもう少し、幅広くして欲しかった。

 新たな機能で最も注目しているのは10月1日から始まった気象庁の緊急地震速報を利用する「エリアメール」。905iシリーズは全機種、705iシリーズは6機種が対応しています。

 ドコモの発表会には、同社のテレビCMに出演する妻夫木聡さんや長瀬智也さんら8人が登場し、花を添えました。

 
NTTPCのVPS
ネット予約システム





続きを読む→FC2 Blog Ranking

やらせ?街頭インタビューに同一人物何度も~TBS 

街頭インタビューに同じ人何度も登場
2007年04月07日付 スポニチhttp://www.sponichi.co.jp/society/news/2007/04/07/04.html

 TBS「サンデー・ジャポン」(日曜前10・00)で、街頭インタビューの際に、取材の日時と場所をかえて同じ男性を登場させる“演出”があったことが6日分かった。「街行く人」として男性のコメントを紹介しながら、事前に取材日時を伝えていた。

春★デビューバイト!短期★高収入情報充実!




 
続きを読む→FC2 Blog Ranking

膨らむ携帯パケット通信代~トラブル増加 国民生活センター 

 国民生活センターの5日の発表によりますと、携帯電話のパケット通信料がふくらみ、トラブルになるケースが相次いでいるそうです。
 日々節約しても、家計の中でどうしても通信費が突出してしまう、そんな悩みは多くの方が抱えていることと思います。
 電話代だけでも痛いのに、新たに生まれたパケット代。なんとかなりませんかね~。


■参考 国民生活センター パケット料金にご注意!予想以上に高額になることも -携帯電話のパケット通信関連相談をめぐるトラブルhttp://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20070405_2.html


UP GARAGE






続きを読む→FC2 Blog Ranking

3月末でポケベル終了 NTTドコモ 

 NTTドコモのポケットベルサービス「クイックキャスト」が今月末で終了します。ポケベルサービスは日本電信電話公社時代の1968年から約40年間続けられてきました。

 契約件数は最盛期の1990年代半ばに1000万件を超えるなど、大ブレイク。一時は女子高生が公衆電話の前に居座りメッセージを「早打ち」する風景がみられました。

 ポケベルがブレイクする前では、私たち現場のジャーナリストか医師、警察官など限られた職種の人たちがおもなユーザーでした。「ポケベル」を持たされることはある種の「特権」(今から思うとへんてこですが)を感じていたものですが、失礼ながら女子高生までも持つようになって、街中でポケベルの呼び出し音が響き渡るさまにうんざりした記憶があります。
 
ところが、90年台半ば以降、携帯電話やPHSの普及に押され、ポケベルの契約数は急減の一途をたどります。最大手だった東京テレメッセージが99年、会社更生法の適用を申請しました。

 ことし1月のポケベル契約数は計約44万件まで落ち込んでいました。このうちドコモの契約数は約14万件で、残りは通信会社のYOZANと沖縄テレメッセージの2社のみ。ドコモのサービス終了後は、首都圏と沖縄でこの2社がサービスを続けようです。



■他のブログもお楽しみください↓

にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ
人気ブログランキング
人気ブログ

続きを読む→FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。